編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
ランサムウェア

ランサムウェア脅威の激増ぶりが鮮明に--IPA統計

ZDNet Japan Staff

2017-07-24 17:15

 情報処理推進機構(IPA)が7月24日に発表した2017年4~6月期の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」によると、ランサムウェアの検出件数が激増した。5月以降に「WannaCry」などによる世界的な被害が多発し、この状況が裏付けられた格好だ。

 IPAによると、期間中に検出された不正プログラムは34万85個で、WannaCryなどのランサムウェアが約70.5%(23万9633個)を占めた。ランサムウェアの検出は1~3月期が60個、2016年10~12月期が311個で、直近の四半期に比べても4~6月期の検出数は突出して多かった。

 また検出経路も、4~6月期は「ネットワーク」が全体の約66.9%(22万8778件)を示した。1~3月期では7041件、2016年10~12月期では592件だった。WannaCryは、ランサムウェア機能とワーム機能を併せ持つ不正プログラムで、WannaCryがワーム機能によって拡散した様子がうかがえる。

 IPAに寄せられたランサムウェアに関する相談件数は、1~3月期(27件)の約6倍となる163件が寄せられ、67件の被害報告があった。なお直近1年での被害報告は、2016年4~6月期の89件が最も多い。

不正プログラム検出数の推移(出典:IPA)''
不正プログラム検出数の推移(出典:IPA)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]