リリース近づく「Android O」、最後の開発者プレビューが公開

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-07-25 10:25

 「Android」の開発者、そしてAndroidのパブリックベータブログラムに登録している人は注目だ。アップデートボタンを何度も押してみるときがやって来た。

 Googleは米国時間7月24日、「Android O」(Android 8.0)の4番目にして最後のプレビュー版を公開したことを発表した。これは「リリース候補版」、つまり一般公開の準備がまだできていないOSをテストすることへの不安を和らげる役目を果たすバージョンだ。言い換えれば、なるべく動作が安定したビルドが出るまでAndroid Oのベータ版をインストールしないで待っていた人にとっては、お望みのベータ版がようやく公開されたことになる。

 ただし、テスト用デバイスでアップデートを受信できるまでには、あと数日かかる可能性がある。

 まだ正式名称が付けられていないこのOSは、現在のAndroidに変更点と新機能を加えたものだ。たとえば、(「iOS」と同じように)アプリアイコンに新しく通知バッジが表示されるほか、通知管理ツール、セキュリティ設定、バッテリ機能が改善される。

 Android 8.0はこの夏の間にリリースされる見込みで、当初はGoogle製デバイスである「Pixel」と「Nexus」で提供される予定だ。Androidのパートナー企業がそれぞれにカスタマイズしたAndroidのアップデートを開始するのは、その後になる。

 開発者は、この最終プレビュー版をテストし、互換性をチェックしたり機能が正常に動作することを確認したりすることが推奨される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]