編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「iOS 11」「macOS High Sierra」のパブリックベータ3が公開

Adrian Kingsley-Hughes (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-07-26 09:38

 Appleは、「iOS 11」と「macOS High Sierra」のパブリックベータ第2版を公開してから2週間後、両OSのパブリックベータ第3版をリリースした。

 今回のアップデートでは、よくあるバグの修正やパフォーマンスの改善に加え、いくつかの機能がアップデートされているようだ。筆者がこれまでに確認した範囲だと、iOS 11では「通知センター」に変更が加えられたほか、「メモ」「リマインダー」「連絡先」などさまざまなアイコンが一新されている。一方、macOS High Sierraでは、「連絡先」のアイコンが変更されたほか、「Now Playing」ウィジェットが新しく追加されている。

 第3版がリリースされてからまだ間もないが、一見したところ、製品版としての完成度にようやく近づきつつあるようだ。

 このベータ版を試してみたいが、まだパブリックベータプログラムに登録していないユーザーは、Apple Beta Software Programのウェブサイトから登録できる。

 すでにベータプログラムに登録しているユーザーは、通常の手順でアップデートを入手できる。「iOS」では、「設定」メニューで「一般」をタップして「ソフトウェアアップデート」を選択する。「macOS」では、Appleアイコンをクリックして「App Store」を選択してから、macOSのアップデートをクリックする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]