編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

優先事項は「RPA」--IT・事業部門から高い関心

Joe McKendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-07-31 15:24

 企業のマネージャーに2018年までの優先事項を尋ねると、モバイルやソーシャルでの顧客エンゲージメントが一番に上がった。ここ数年、IT部門および事業部門のマネージャーから関心を持たれている分野である。


提供:Honda

 だが、IT部門と事業部門の両方が関心を高めている新たな分野がある。2017年の調査で2位に急浮上したのは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA:Robotic Process Automation)だ。HfS ResearchとKPMGが454社の大企業を対象に行った調査で明らかになった(3位はアナリティクス、4位はSaaS)。

 Institute for Robotic Process Automation and Artificial Intelligence(RPAおよびAIのための研究機関)はRPAの定義を、「取引処理、データのマニピュレーション、他のデジタルシステムとのやりとりのトリガーなど、既存のアプリケーションを、キャプチャして解釈するように、企業の従業員がコンピュータソフトウェアまたは”ロボット”の技術を応用すること」としている。

 IT部門だけを見ると、RPAが最優先事項となっている。36%の企業が、自社のITおよびネットワークインフラ支援機能にRPAを実装、または実験を開始しており、投資の最優先分野となっている。IT管理関連の機能でRPAを実装または実験を開始している企業も、35%ある。

 その他のRPA導入分野は次のとおりとなっている(実装中・実験中を含む)。

  • 顧客セールスおよびサポート(33%)
  • サプライチェーンと物流(32%)
  • 調達(31%)
  • クレーム処理など業界固有のプロセス(31%)
  • マーケティング(29%)
  • セールス(27%)

 事業部門は通常、新しい技術手法に精通していないことが多いが、RPAは事業部門幹部の関心も集めている。43%のシニアバイスプレジデントが、RPAに「大きな」投資をするつもりだ、と回答した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]