編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
ハードから読み解くITトレンド放談

サーバ向け新プロセッサのXeon Scalable--インターフェースを解剖する - (page 3)

山本雅史

2017-08-10 06:00

 Xeon Scalableプロセッサ単体ではないが、一緒に使われる周辺チップのPCH(Platform Controller Hub)もC620シリーズチップセット(開発コード名:Lewisburg)になり、さまざまな機能が追加されている。

 C620シリーズは、最大14ポートのSATA3(6Gb/s)、最大14ポートのUSB 2.0、最大10ポートのUSB 3.0、最大20レーンのPCIe 3.0、TPM 2.0などのインターフェースが用意されている。

 さらに、10Gbpsのイーサネットが最大4本サポートされた。C620には、IntelのX722イーサネットチップがそのまま入っていることで、10Gpbsイーサネットだけでなく、ネットワークストレージのアクセス負荷を軽減するiWarp/RDMAがサポートされた。この機能により、ネットワークストレージのアクセスが非常に小さい負荷で行える(パフォーマンスもアップする)。

iWarp/RDMAの対応により、Windows
iWarp/RDMAの対応により、Windows Serverのネットワークストレージのパフォーマンスがアップする

 またC620には、Intel QuickAssist Technology(QAT)も入っている。QATは、SSLやIPSecなどによる暗号化や認証、公開鍵暗号のRSA、データ圧縮などの機能をハードウェアで処理する。このため、QAT対応のソフトウェアは必要になるが、ソフトウェアで重い処理を行っていた部分をまるごとPCH内のQATに処理を任せることができ、プロセッサは別の処理に集中できる。これにより、システム全体のパフォーマンスもアップする。

QATにより、プロセッサに負荷をかけていた暗号化処理などをハードウェアで肩代わりできる''
QATにより、プロセッサに負荷をかけていた暗号化処理などをハードウェアで肩代わりできる
Intelは今後利用が期待されているFPGAとXeon
Intelは今後利用が期待されているFPGAとXeon Scalableを組み合わせるプラットフォームを推奨している
アプリケーションによって、繰り返し必要になる処理をFPGAでハードウェア化し、パフォーマンスをアップすると同時に、プロセッサの負荷を小さくして、システム稼働時の電源消費量を低くする''
アプリケーションによって、繰り返し必要になる処理をFPGAでハードウェア化し、パフォーマンスをアップすると同時に、プロセッサの負荷を小さくして、システム稼働時の電源消費量を低くする
QATは、暗号化、公開鍵暗号化、データ圧縮などをハードウェアで処理する''
QATは、暗号化、公開鍵暗号化、データ圧縮などをハードウェアで処理する

 ただし、C620の全てのモデルで10GbpsイーサネットやQATをサポートしているわけではない。幾つかのモデルが用意されているため、サーバ購入時にC620のどのモデルが使われているかを注意しておく必要がある。

C620シリーズの機能差。C612は、LANの1GbpsのみでQATもない。将来を考えれば、C626以上のモデルを採用したサーバを利用したい(Intelサイトに掲載されているC620のDatasheetより)''
C620シリーズの機能差。C612は、LANの1GbpsのみでQATもない。将来を考えれば、C626以上のモデルを採用したサーバを利用したい(Intelサイトに掲載されているC620のDatasheetより)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]