編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ブイキューブ、″テレワーク難民”向け「テレキューブ」発表--働き方改革へ団体設立

山田竜司 (編集部)

2017-08-02 16:10

 ブイキューブとレノボ・ジャパンは8月1日、「ビジネスパーソンが安心して働けるセキュアなコミュニケーションスペース」をコンセプトにした、コミュニケーションブース「テレキューブ」を発表した。ブイキューブが販売し、初年度に100カ所、2020年までに5000カ所の設置を目指す。費用は月額5万9800円で、初年度に2億円の売り上げを見込んでいる。


ブイキューブとレノボ・ジャパンが発表した「テレキューブ」

 テレキューブは、テレビ会議システムと防音性のある空間スペースを統合したコミュニケーションブース製品。利用者は、プライバシーとセキュリティが保護された環境で、テレビ会議や電話での応対に加え、クラウドサービスを利用する作業も可能だという。

 内部にレノボ・ジャパンの超小型デスクトップPC「ThinkCentre M710q Tiny」が設置され、ブイキューブのSaaS型ウェブ会議「V-CUBE ミーティング」やMicrosoftの「Skype for Business」などの各種会議システムと接続できる。

 今回のモデルは企業向けとなる。設置場所は、企業のオフィスやサテライトオフィス、商業施設、駅や空港などを想定している。今後はモバイルワーカー向けモデル(屋内や屋外の設置を想定)の提供も予定する。

 企業向けモデルは、利用者が限定されるため、施錠や課金の機能はないが、一般向けモデルには空調設備、監視カメラ、防塵・防水など、多くの人が利用しやすい機能を備えた環境を提供するという。

 ブイキューブ代表取締役社長の間下直晃氏は、「企業でのテレワーク普及率は11.5%にとどまる。テレワーク導入では、チームのコミュニケーション不足が懸念される」と説明する。実際にはメールやチャットだけでなく、相談や打ち合わせなどのコミュニケーションも必要不可欠だという。


ブイキューブ 代表取締役社長の間下直晃氏

 電話やテレビ会議など「話すためのツール」は数多くあるが、モバイルワークの場所は外出先やカフェ、サテライトオフィスなどが中心で、周囲に気兼ねなく会話したり、秘匿性のある情報を取り扱ったりできる場所が少ない。「外で電話している人などを見ても”テレワーク難民だらけ”だと感じている」(間下氏)といい、こうした課題を解決すべく、テレキューブを開発した。

 また、将来的にはブース内で、公共サービスや保険、金融サービス、遠隔医療などが受けられるよう構想しているという。「ブース内で脈拍をとって、遠隔で医者にみてもらうようなこともできるかも知れない」(間下氏)

 同社は併せて、働き方改革やそのための新たなICT社会インフラの構築を目的にする「テレキューブコンソーシアム」の設立も発表。コミュニケーションインフラを通じて、安心して働ける環境の整備や改善を共同実施する。まずテレキューブを展開しつつ、参画企業・団体と「オープンイノベーションに取り組む」とした。

 サイボウズ 代表取締役 社長の青野慶久氏は、「働き方改革は、退職時間に従業員を無理に帰宅させるようなものではないはず。場所にとらえわれず、活動する人が増えるようにしたい」と、コンソーシアムへの参加理由を説明した。

 コンソーシアムはNTTドコモやサイボウズ、マイクロソフト、レノボ・ジャパン、リコーなどIT企業のほか、リクルートホールディングス、ノジマ、パソナ、綜合警備保障、大日本印刷、東京電力ホールディングス、森ビル、日本テレワーク協会などが参加している。


会見には、テレキューブコンソーシアムの理事長を務める小宮山宏氏のほか、サイボウズ、マイクロソフト、レノボ・ジャパン、リクルートホールディングス、ノジマ、大日本印刷、東京電力ホールディングス、森ビル、日本テレワーク協会、樹楽製作所などの重役が肩を並べた

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]