編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

攻撃者優位時代のセキュリティ--CISOの役割を明確にする

吉澤亨史 山田竜司 (編集部)

2017-08-21 07:00

 サイバーセキュリティにおいて、現在は「圧倒的に攻撃者有利」の時代といわれている。低コストでマス向けの攻撃から、組織や国家の潤沢な財力によって行われる高度な標的型攻撃などさまざまである。

 日々繰り返されるサイバー攻撃への対応が企業の命運を左右する現在、注目されているのが最高情報セキュリティ責任者(Chief Information Security Officer:CISO)だ。CISOの役割と企業が考えるべきセキュリティ対策について、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのシニアマネージャーを務める森島直人氏に話を聞いた。

CISOの立場と役割


EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 シニアマネージャーである森島直人氏

ーー企業セキュリティを強化する上で、CISOを設置する企業が増えています。CISOの役割をどのように考えればいいのでしょうか。

 森島氏:CISOの役割を説明するために、まず企業のセキュリティ対策に対する支出について考えてみましょう。

 セキュリティに関する支出を「投資」と呼ぶセキュリティベンダーもいます。

 しかし、それは本当でしょうか。セキュリティに対してお金を使ったからといって、そこから利益が得られるわけではありませんよね。経営者でセキュリティを投資と思っている方はほとんどいないでしょう。

 企業にとってセキュリティは投資ではなく、やはりコストなのです。

 では、そのコストは誰が負担すべきなのか。これを理解するは、「対応すべきリスクはどこから生まれるものか」を考える必要があります。

 例えば、ある事業部では非常にたくさんの個人情報を保持しており、別の事業部では防衛に関する情報を持っているとします。当然ながら、それぞれの情報を狙う攻撃元や彼らの狙いは違いますから、リスクも異なります。

 事業部が複数あれば、その規模やビジネスでそれぞれのリスクは変わってきます。もちろん、共通のリスクもありますが、個別に見ていくと持っている情報が異なりますから、狙われ方も違ってきます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]