攻撃者優位時代のセキュリティ--CISOの役割を明確にする

吉澤亨史 山田竜司 (編集部) 2017年08月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーセキュリティにおいて、現在は「圧倒的に攻撃者有利」の時代といわれている。低コストでマス向けの攻撃から、組織や国家の潤沢な財力によって行われる高度な標的型攻撃などさまざまである。

 日々繰り返されるサイバー攻撃への対応が企業の命運を左右する現在、注目されているのが最高情報セキュリティ責任者(Chief Information Security Officer:CISO)だ。CISOの役割と企業が考えるべきセキュリティ対策について、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングのシニアマネージャーを務める森島直人氏に話を聞いた。

CISOの立場と役割


EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 シニアマネージャーである森島直人氏

ーー企業セキュリティを強化する上で、CISOを設置する企業が増えています。CISOの役割をどのように考えればいいのでしょうか。

 森島氏:CISOの役割を説明するために、まず企業のセキュリティ対策に対する支出について考えてみましょう。

 セキュリティに関する支出を「投資」と呼ぶセキュリティベンダーもいます。

 しかし、それは本当でしょうか。セキュリティに対してお金を使ったからといって、そこから利益が得られるわけではありませんよね。経営者でセキュリティを投資と思っている方はほとんどいないでしょう。

 企業にとってセキュリティは投資ではなく、やはりコストなのです。

 では、そのコストは誰が負担すべきなのか。これを理解するは、「対応すべきリスクはどこから生まれるものか」を考える必要があります。

 例えば、ある事業部では非常にたくさんの個人情報を保持しており、別の事業部では防衛に関する情報を持っているとします。当然ながら、それぞれの情報を狙う攻撃元や彼らの狙いは違いますから、リスクも異なります。

 事業部が複数あれば、その規模やビジネスでそれぞれのリスクは変わってきます。もちろん、共通のリスクもありますが、個別に見ていくと持っている情報が異なりますから、狙われ方も違ってきます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算