編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Windows 10」新テストビルド公開--視線追跡、コンソールカラー刷新など

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-04 13:49

 Microsoftは米国時間8月2日、「Windows 10 Fall Creators Update」のPC向けのテストビルド「Windows 10 Insider Preview Build 16257 for PC」をFast Ring Insidersに向けてリリースした。

 最新のビルドでは、アイトラッキング(視線追跡)機能「Eye Control」が加わっている。現時点では一部のTobii製アイトラッキングハードウェアのみで利用できるが、今後は他のデバイスにもサポートを拡大する計画だ。

 Eye Control機能をメインストリームユーザーに提供するにあたって、どのWindows 10バージョンでこの機能を利用できるようにするのかを8月1日、Microsoftに尋ねた。1日時点では、「Windows 10 Fall Creators Update」で利用できるようになるが、ベータとしての提供になるとのことだった。

 Microsoftの代表者は「これ以上話せることはない」として、「Eye Controlはベータであり、早期の試用とフィードバックの提供に興味がある人はWindows Insiderに応募できる」と述べた。

 ビルド16257ではまた、「Windows Console」のカラーが新しくなり、モダンになった。「Edge」ブラウザでは「Fluent Design System」の取り組みの一部としてUIが変更されており、「ブラウザフレーム内がよりモダンな外観」となった。


 最新のテストビルドは、「Windows Defender Application Guard(WDAG)」でも多数の強化が加わった。先日、「Microsoftはここ最近のテストビルドでWDAGをアップデートしていない」とあるInsiderから聞いたが、どうやらWDAGはこのテストビルドで機能強化の対象となったようだ。これが、Fall Creators Updateの“Release to Mainstream”(メインストリームユーザー向けリリース)でも継続されることを意味すると良いのだが。

 WDAG(開発コード名:「Barcelona」)はブラウザ経由でダウンロードしたマルウェアやエクスプロイトを隔離するものだ。仮想化ベースのセキュリティ技術を使って悪意あるコードをコンテナに隔離することにより、企業ネットワーク上での拡散を防ぐ。Microsoftは当初、WDAGは2017年の春に公開された「Windows 10 Creators Update」に含まれるかもしれないとしていたが、実現しなかった。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]