編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

ハイブリッドクラウド戦略にありがちな5つの落とし穴

Alison DeNisco (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-08-08 06:30

 企業におけるハイブリッドクラウドの採用は、ますます増えてきている。2016年に米ZDNetの姉妹サイトTech Pro Researchが実施した「調査」では、調査対象となったITプロフェッショナルの68%が、所属組織ですでにハイブリッドクラウドを利用しているか、導入を検討していると回答した。さらに回答者の99%は、所属企業のシステムおよびアプリケーションの一部が、今後5年間でクラウドベースになると予想している。

 ForresterのアナリストLauren Nelson氏は、「ほぼすべての企業が、クラウドとほかの何かの組み合わせを利用している。それはSaaSアプリケーションである場合もあれば、パブリックアプリケーションである場合もある」と述べている。「わたしは、今やすべての企業は、ある程度までハイブリッドであると言って構わないと考えている」

 最近実施された451 Researchの調査では、ITプロフェッショナルに対していくつかの選択肢を示し、回答者の所属企業で採用しているハイブリッド戦略が、どの説明にもっともよく当てはまるかと尋ねている。それに対し回答者の36%までが、費用、パフォーマンス、セキュリティ、データの配置状況、およびその他の要件に応じて、もっとも適切なIT環境にワークロードを動的に移行することを重視していると述べている。また31%は、オンプレミスのリソースは主に既存のワークロードに使用し、新たなワークロードについては、IaaSやパブリッククラウド、ホステッドクラウドを利用していると回答している。その一方で27%の回答者は、顧客やエンドユーザーが直接接触するシステムはIaaS、パブリッククラウド、あるいはホステッドクラウドで実行しているものの、社内の事業システムとデータはオンプレミスで扱っていると答えた。

 451 ResearchのアナリストCarl Lehmann氏は、「企業はオンプレミスとオフプレミスの両方を含む、複数の実行環境を利用したいと考えている」と述べている。「企業は各環境のさまざまな特性(費用、パフォーマンス、セキュリティ、知的財産権の問題、インフラに及ぼせるコントロールの程度)を理解し、各ワークロードを最適な環境に割り当てている」

 しかし多くの組織は、効果的にハイブリッド戦略を策定し、実施し、管理する方法をはっきり理解していないという。この記事では、ハイブリッドクラウド戦略を展開する際に注意すべき、よくある5つの落とし穴を紹介する。

1.目的が設定されていない

 多くの企業では、ハイブリッドクラウドの定義について混乱が残っている。最近Stratoscaleが実施した調査では、企業幹部のハイブリッドクラウドに対する定義が、ITプロフェッショナルの定義とは若干異なっていることが明らかになった。

 GartnerのアナリストMindy Cancila氏は、「当社の顧客の多くは、ハイブリッドクラウドを最終的な状態として捉えている」と述べている。「しかし実は、そうする必要がある理由を明確に理解している企業は、非常に少ないことが分かってきた。そのため、多くの企業が何らかの種類のパブリッククラウドサービスを導入する意向を持っている一方で、それらの企業がすぐにデータセンターを廃止してしまう可能性は低い」。Cancila氏は、企業は当面の間、ハイブリッドの状態に止まる可能性が高いと述べている。

 またForresterのNelson氏は、多くの企業はクラウドの真の目的について考えておらず、「ハイブリッドクラウドについて、『ほかの企業がやっているから、自社でもそうしよう』と考えているだけだ」と述べている。

 ハイブリッドクラウドが成功する可能性を高めるには、「方向性と優先順位を設定し、クラウドで実現しようとしている中核的な価値を明確に定める」べきであり、「定期的に計画を再検討」すべきだとNelson氏は述べている。

2.パブリッククラウド対プライベートクラウドの議論に嵌まり込む

 Cancila氏は、企業の中でパブリッククラウド対プライベートクラウドの政治的な議論を避けることが重要だと述べている。「むしろ、パブリッククラウドを何らかの形で利用していかざるを得ないことを認識し、何をパブリッククラウドに移行し、何を残すべきかを評価できるように、適切なフレームワークを構築すべきだ」と同氏は付け加えた。

 Cancila氏によれば、こういった議論が起きるのは、多くの企業にとってクラウドが新しい技術だからだという。企業はこれまでデータを完全にコントロールし、把握してきたが、クラウドに移行すれば、データに対するコントロールをある程度失うことになる。「パブリッククラウドプロバイダーが、従来と同じセキュリティ水準で、同じレベルの可用性を提供できるのか、あるいは性能は向上するのかがよく議論になる」とCancila氏は述べている。

 同氏は、そういった判断を下すために、アプリケーションを評価し、クラウドプロバイダーを選択し、パブリッククラウドの導入を業務として管理するためのフレームワークを構築することを勧めている。

 Nelson氏は、このフレームワークは、何をオンプレミスで動かし、何をクラウドに移すかという微妙なバランスを取るのに使われるのと同時に、クラウドが成熟し、データセンターのビジネスが変化し、レガシーなハードウェアが古くなるとともに、そのバランスを見直すのに役立つと述べている。同氏は、「これは、過去に下した判断の一部をコンスタントに常に再評価していく、ライフサイクルを念頭に置いたモデルだ」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]