企業セキュリティの歩き方

「運用でカバー」という魔法の言葉--開発も「実装でカバー」という現実

武田一城 (ラック) 2017年08月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「企業セキュリティの歩き方」では、セキュリティ業界を取り巻く現状や課題、問題点をひもときながら、サイバーセキュリティを向上させていくための視点やヒントを提示する。

「運用でカバー」は開発部門でも他人事ではなかった

 前回は、「運用でカバー」という魔法の言葉が生まれた理由として、この言葉がIT業界の開発至上主義的な伝統に基づく構造的な問題であることを説明した。今回は、その「運用でカバー」するという構造が、開発部門から運用部門への単純な押し付け合いではないことについて記したい。

 「運用でカバー」するという状況は、システム開発部門が一方的な加害者であり、システム運用部門が一方的な被害者のように映るかもしれない。しかし、実際はそのような単純な構図ではなく、むしろ場合によってはシステム開発者の方が被害者という面も少なからずある。しかも、”瞬間最大風速”的な被害はシステム開発部門の方が大きい。その結果として発生するのが、土日休みの返上、家に帰ることも満足にできない過酷な長時間労働である。このようなシステム開発プロジェクトは、一般に「デスマーチ(プロジェクト)」と言われる。

 デスマーチとは、元々は戦争時の捕虜の扱いを表す言葉だ。「敵である捕虜は死亡しても構わない」という前提に立った、健康維持などを省みない捕虜を連れての無慈悲な行軍(死の行軍)を指している。自社の重要なメンバー(人財などと呼ぶこともある)を、このような捕虜の扱いに例えるとは、なんともひどい話である。しかしながら、このような過酷な環境のプロジェクトは決して特殊な例ではない。もちろん、現在ではそのような環境が当然のように見なされていた10~20年前と異なり、絶対数はかなり減っている。それでも根絶された訳ではなく、システムの納品期限が重なる年度末などでは特にめずらしくない。

 プロジェクトでデスマーチが発生すると、「スケジュールが足りない」「工数が足りない」「人手が足りない」というように、さまざまなリソースが不足する。そして、デスマーチにおいて最も大きなインパクトは、要求仕様の度重なる変更だ。これによって、何度も前提条件が覆される。その結果、作業が完成に近づいているのかも分からないような状況に陥り、先の見えない真っ暗闇の中で過酷な長時間労働を続けることとなる。

 このようなデスマーチが発生する原因には、実は「運用でカバー」と表現されるものと同じものが根底にある。「運用でカバー」は、本来なら開発フェーズで定義し、対処をしておかないといけない仕様面での不備を、システムの利用が開始された運用フェーズに先送りすることで発生する。これによって後工程の運用現場が、想定外の例外処理に対処しなければならず疲弊してしまうのだ。

 デスマーチは、さらに上位の要件定義(および基本設計フェーズ)での不備が、開発現場に押し付けられる構造である。実は開発部門も、本来は要件定義フェーズでやるべきだった不備を詳細設計や開発フェーズの「実装でカバー」しているのだ。つまり、開発部門は一方的な加害者ではなく充分に被害者と言われてよい状況であり、そこでもカバーし切れないものが、「運用でカバー」をしなければならない状況に陥っただけというケースも多い。結局、要件定義フェーズで機能や性能要件のみではなく、運用フェーズに負担をかけないことなどを考慮できない場合、その問題の先送りを繰り返す多層構造になってしまう。

多層構造でのカバー''
多層構造でのカバー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算