デジタル人事の時代

「なぜデジタル人材はウチに来ないのか」--GEに学ぶ“採用ブランディング”のあり方

石毛 究 田中公康 2017年08月24日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、IT部門にはデジタルビジネスへの対応が迫られている。従来のIT人材とは異なるデジタル人材(AI/IoT人材など)が必要とされ、外部人材の採用と内部人材の変革が喫緊の課題となっている。

 内部人材の変革には時間がかかる中、特効薬として非常に重要なのが新卒も含めたデジタル人材の獲得(採用)である。一方、旧来の通り一遍の採用方法では、これまでとは価値観が異なるデジタル人材の採用は難しく、企業にはデジタル起点での採用戦略の変革が求められている。

 今回は、デジタル時代の新たな採用について、筆者が必要と考える、“採用ブランディング”とそのポイントを、グローバル先進企業の事例を交えながら紹介する。

新しい時代の到来?~デジタル時代における“採用”の重要性~

 世界的に労働人口は減少トレンドにあり、今後「人材の獲得と確保」が経営の重要課題に押し上げられることが予想される。

 人材の量的な課題の他にも、主要な労働力が“ミレニアル世代”へとシフトしていることにより、労働人口の職業選択の嗜好性が大きく変化しており、人材の質的側面でも企業側の対応が迫られる時代になっている。

 IT部門でも、デジタルビジネスへの対応が迫られ、従来のIT人材とは異なるデジタル人材(AI/IoT人材など)が必要とされているが、市場にこのような人材は少なく、獲得競争は熾烈さを極めている。

 デロイトのグローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド 2017からも、実際に全世界の経営者・役員・HRリーダーたちの10人に8人以上(約83%)が「採用」が重要(もしくは非常に重要)と考えていることが分かる。


新時代の採用におけるトレンドの変化

 デジタル・ミレニアル人材は、従来の人材と比べ職業に対する価値観が全く異なっている。旧来の通り一遍の採用方法では、デジタル・ミレニアル人材の採用は難しく、企業の採用戦略にも大きな変革が迫られている。

 そんな中、キャンパスリクルーティングやリクルーターの活用といった旧来の“対面型(オフライン)”採用は終わり、デジタルツール(ウェブサイトやSNS、動画など)を駆使し、ブランディングに成功した企業がより良い人材を獲得する時代が到来している。デジタル化とともに急速に進むグローバル化においても、国境を越えられるデジタル(オンライン)のツールは非常に有用であると考えられる。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算