バンキングトロイの「DreamBot」、仮想通貨も標的に

ZDNet Japan Staff 2017年08月07日 13時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットバンキング利用者の情報を盗んだり、通信内容を改ざんしたりするマルウェアの「DreamBot」(別名Ursnif、Goziなど)が、仮想通貨も標的にし始めたもようだ。日本サイバー犯罪対策センターやトレンドマイクロが相次いで注意を呼び掛けている。

 DreamBotは、近年に国内で猛威を振るうバンキングトロイ(インターネットバンキングを狙うトロイの木馬型マルウェア)の1つ。インターネットバンキング利用者の端末に感染し、利用者の情報を窃取したり、不正送金を行ったりする被害が増えている。

 日本サイバー犯罪対策センターの解析によれば、6月以降、DreamBotの情報を窃取する対象に、仮想通貨取引所やウェブウォレットのウェブサイトが追加されたことが確認された。トレンドマイクロの調査では、銀行やクレジットカード会社、信用金庫などに加えて、新たに4カ所の仮想通貨取引所が窃取対象に追加されたことが分かった。

「DreamBot」の情報詐取対象の内訳(出典:トレンドマイクロ)''
「DreamBot」の情報詐取対象の内訳(出典:トレンドマイクロ)

 バンキングトロイは、利用者が特定のウェブサイトにアクセスする際、利用者とサーバとの通信に割り込み、ウェブインジェクションと呼ばれる手法を使って偽のページ画面を表示する。利用者がこれに気付かないまま認証情報を入力してしまうと、バンキングトロイに認証情報を窃取されてしまう。

 トレンドマイクロは、バンキングトロイが仮想通貨を標的にし始めた背景に、仮想通貨相場の急騰があるとみる。直近では、PCなどに感染して勝手に仮想通貨の“採掘”を行うマルウェアも出現している。

 バンキングトロイなどのマルウェアの多くは、メールの添付ファイルもしくは改ざんされたウェブサイトを通じて感染する。

 トレンドマイクロによれば、DreamBotは日本語のスパムメールで拡散しており、添付ファイルを安易に開かないこと、不審なメールを可能な限りフィルタリングして受信しないようにすることが有効だと解説する。ウェブサイト経由の場合は、閲覧時に端末の脆弱性を突かれて感染する恐れがあり、端末にインストールされているソフトウェアの脆弱性を可能な限り解消しておくことが求められる。

 またインターネットバンキングなどを利用する際は、常に細心の注意を払い、普段とは異なる不審さを感じた場合は、情報を入力せずサービス提供側に確認することが重要だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算