編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

富士通、ウェブサイト上の行動ログを機械学習する新サービス

NO BUDGET

2017-08-09 11:36

 富士通は8月8日、デジタルマーケティングソリューションの新サービスとして、「FUJITSU Intelligent Data Service Sitebooster」(Sitebooster)を提供開始すると発表した。2020年度までに300社の導入を目指す。

 Siteboosterは、ウェブサイト訪問者のウェブサイト上での行動をAI(人工知能)で機械学習し、訪問者の興味関心に合わせた最適なアプローチの自動実行するSaaS。AI技術は、同社の「Human Centric AI Zinral」(Zinrai)を活用し、デジタルマーケティングに関する製品・ソリューション体系「FUJITSU Digital Marketing Platform CX360」(CX360)の新たなラインナップとして提供される。


Siteboosterの概要

 同サービスは、自動実行させるためのタグを対象のウェブサイトに埋め込むことで動作し、Cookie情報を必要としない。訪問者の購買行動やウェブサイトからの離脱などの予兆を検知しながら、行動ログを学習し続けるので、予兆の検知精度が継続的に向上していく。そのため、初めてウェブサイトを訪れる訪問者にも最適なアプローチができるとしている。

 ウェブサイト上の特定領域を長時間見ている訪問者に対して、キャンペーンサイトに誘導するコンテンツをポップアップ表示するといったシナリオテンプレートが複数準備されており、それらのテンプレートの中から必要なものを選択し、ポップアップ表示させる画像などのコンテンツを準備するだけで、すぐに使い始められる。

 また、リアルタイムなマーケティング施策実行を支援するソリューション「eXperience Data Platform」と連携させることで、訪問者の詳細な属性も踏まえたよりきめ細かなアプローチを実現する。

 利用価格は、初期費用が5万円、月額費用は10万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]