「Android 8.0」、容量不足でもOTAアップデートが可能に

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ) 2017年08月09日 10時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Android」のアップデートシステムを強化し、ストレージ容量がなくてもデバイスにOSの新バージョンや重要なパッチアップデートをインストールできるようにする。


提供:Josh Miller/CNET

 「A/Bシステムアップデート」(別名:シームレスアップデート)について説明するAndroid関連文書の中にこの変更に関する記述があるのを、Ars Technicaが発見した。Googleが「Pixel」および「Pixel XL」で導入したこの新システムは、「Chrome OS」のアップデートエンジンから取り入れたものだ。

 シームレスアップデートにより、ユーザーはアップデート中もデバイスを使い続けることができ、OTAアップデートパッケージを保存するキャッシュパーティションは不要になる。

 Androidデバイスメーカー各社は「Android 7.1」以降でA/Bを実装できるが、すでに実装されているかどうかは不明だ。実装すると、長年にわたって貧弱だったAndroidのパッチ適用処理をGoogleが改善する助けになるかもしれない。

 シームレスアップデートでは、ブート可能なパーティション2セットを使用する。これらはスロットAおよびスロットBと呼ばれ、1つはアクティブパーティション1セットを含み、もう1つのスロットはエラー発生時に復元できるよう未使用のパーティションを含む。すべてのアップデート作業は、未使用のスロットのパーティションで行われる。

 これにより優れたアップデート体験が実現するが、シームレスアップデートでは依然としてアップデートパッケージをダウンロードするためのストレージ容量が必要だ。

 「Android 8.0」では、Googleはシームレスアップデートシステムに「ストリーミングアップデート」機能を追加する。この機能は、デバイス側でユーザーのデータストレージ容量が不十分なケースに対処するもので、ごくわずかな容量の一時的なストレージさえあれば済むようになる。ストリーミングA/Bアップデートでは、一時的なストレージはほとんど必要なく、およそ100KiBのメタデータに対応できれば十分だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算