編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

デジタル変革の加速を促す5つの有望なテクノロジ

Dion Hinchcliffe (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-08-25 06:30

 企業向けのテクノロジはコンシューマー向けのテクノロジに後れを取っている部分があったものの、この頃ようやく追いついてきている。以下では、デジタル変革を加速させるうえで役立つ有望なテクノロジをいくつか紹介する。

 企業向けのテクノロジに携わる人々のほとんどは、われわれが指数関数的に変化していく時代に生きており、テクノロジ関係の大半のトレンドは昔に比べてずっと速いペースで変化し続けているということを実感しているはずだ。IT関係のメディアは、この業界がテクノロジのイノベーションで満ちあふれていることを示す統計データを毎日のように発表している。

 企業は現在、極めて競争の激しい環境に置かれているが、その運用環境はどこも似たようなものとなっており、顧客から見た選択のしやすさも同程度という状況に直面している。そのようななか、後れを取ることなく、デジタル化に関連するさまざまな武器を生み出すというプレッシャーはかつてないほど大きくなっている。

 しかし、このプレッシャーはどの程度ITリーダーらによってもたらされているのだろうか?またどの利害関係者からもたらされているのだろうか?そして、企業はそのプレッシャーにどのように対応しているのだろうか?

 実務家の観点から見てさらに重要なのは、ITの近代化やデジタル変革に向けた取り組みを加速するうえで、台頭しつつあるどのようなツールやテクノロジが利用されているのかという点だ。

2017 IT imperative

2017年のITリーダーは、俊敏な動きを見せるべきだという「非常に強いプレッシャー」にさらされている

 筆者は、ITリーダーらがどのようなプレッシャーにさらされているのか、そしてどのようにそうしたプレッシャーに対処しているのかを把握するために、優秀な実務家のなかから、この業界で企業をけん引していると筆者が考えているテクノロジに詳しい人物を50人あまり選んで話を聞き、彼らが俊敏性を高めるために注力しているITイニシアティブをより深く理解しようとした。なお、彼らのほとんどは大企業の最高情報責任者(CIO)であり、筆者が既成概念の枠を押し広げていると考えている最高技術責任者(CTO)や最高データ責任者(CDO)、エグゼクティブバイスプレジデント(EVP)も数人含まれている。

 業界をリードする企業で最先端の仕事をしているリーダーを選んだ意図は、彼らが2017年に直面しているものごとや、その対処を示すことで、一般的な企業が2018年以降に直面するであろうものごとに対してより余裕をもって準備できるようにするところにある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]