編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

今年も現われる? 真夏の夜の「ブラックスワン」

ZDNet Japan Staff

2017-08-10 11:29

今日のポイント

  1. 日米株式は「株価調整の季節」に入った可能性がある。オプション市場の「ブラックスワン指数」は、株価の大幅下落を警戒する心理を示す
  2. 朝鮮半島の緊張だけでなく、9月に予定されている金融政策会合や政治イベントに注意。政策運営が混迷するトランプ政権は、9月の債務上限引き上げ問題を乗り越えられるか

 これら2点について楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

株価の上値を抑えやすい「季節的な記憶」

 日経平均は2万円を割り込む軟調な展開となった。業績見通し改善は下支え要因だが、投資家が強気に転じることを躊躇させる諸要因がある。具体的には、

(1)為替相場で円高(ドル安)警戒感がある
(2)国内政治を巡る不安が払拭できない
(3)朝鮮半島の緊張が高まってきた
(4)株価が調整しやすい季節に入ってきた

 などが挙げられる。特に(4)に関しては、日米株式の“アノマリー(季節性・習慣性)”が警戒されるところとなっている。

 図1は、過去20年(1997~2016年)のダウ平均と日経平均のパフォーマンスを平均化し(年初=100)、年を通じた相場の好不調を示したものである。特徴として「7月に高値を付けた後、8月から9月にかけて調整局面に入ることが多かった」との傾向がわかる。

 また、米国株の下落局面では、為替市場で「リスクオフ(回避)の円買い」も進みやすく、円高を嫌気する日本株が米国株より劣勢となった特徴もみてとれる。あくまで過去の平均的な動きではあるが、投資家心理が「真夏の夜の記憶(株価が下落する季節性)」に神経質となりやすい時期に入ったと言えそうだ。

図1:過去20年のダウ平均と日経平均の推移(年初=100)

図1:過去20年のダウ平均と日経平均の推移(年初=100)
※1997年から2016年までの平均パフォーマンスを示したもの(年初=100)
出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]