サイバーセキュリティ未来考

仮想敵「レッドチーム」が教えるセキュリティ対策の弱点 - (page 2)

吉澤亨史 2017年08月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

集団組織化するサイバー犯罪者

 RedTeamのような対策方法が複数のセキュリティベンダーから提供されるようになった背景には、標的型攻撃の増加がある。特に、国家が影響を受ける、あるいは特定の国家間のパワーバランスが変わるような高度な標的型攻撃が依然として多い。こうした標的型攻撃は、サイバー犯罪者の組織化によって増加している。組織化による攻撃での作業の細分化が進み、それぞれの作業で専門分野に特化したハッカーを雇えるようになった。

 標的型攻撃は、まず入念な事前調査によって犯罪者が狙う組織の経営陣の動向や好みを把握したり、従業員の相関関係や担当業務、日頃の行動までを把握したりする。主に従業員のSNSの情報を収集するが、実際に企業まで出向き、捨てられるゴミを漁ったり、社内への侵入も試みる。標的とする企業が厳重な物理セキュリティを構築している場合、下請け企業や関連企業への侵入を試すケースもある。建物のエレベーター内や喫煙所、あるいは従業がよく行く食堂などに潜入し、従業員の会話に聞き耳を立てることもある。

 これらは非常に地道な作業だが、サイバー犯罪者組織にとっては十分な見返りを得られる仕事であり、失敗しないためにも、取るに足りない情報まで収集し、実際の攻撃手段を検討する。国家がサイバー犯罪者組織に仕事(攻撃)を依頼するケースも少なくないとされ、この場合は国家から潤沢な資金が与えられるという。攻撃のめどがつくと、犯罪者組織は相手に気づかれることなくマルウェアを侵入させ、どうやって機密情報にたどり着くかを基本に、攻撃の方法と段取りを組み立てる。

 サイバー犯罪者側には資金も時間もたっぷりあり、マルウェアを侵入させてから情報を盗み出すまでに、数年もの時間を費やすケースもある。実際に、日本や米国の軍事関連企業に行われた標的型攻撃では、マルウェアが5年から7年もの間、潜伏していた。いずれも攻撃が成功したことで、国家としては莫大な金銭的な価値を持つ情報が盗まれる、という損害を被った。そのため攻撃者の視点を持つRedTeamによって、ここまでの時間をかけないにしても、標的型攻撃の手法を利用して対策効果を検証する必要があるわけだ。

RedTeamの課題は中小企業

 標的型攻撃によって重要な情報が漏えいした企業の多くは、決してセキュリティ対策をおろそかにしていたわけではない。むしろ、相当に高いレベルのセキュリティ対策を構築していたケースもある。それでも標的型攻撃は、システムや人の弱点を巧みに突いて、相手が気づかないうちに、内部へ侵入する。従来の対策感覚では防ぎ切れなくなっているといえる。

 そこでRedTeamは、クライアントマシンやサーバといった単体でセキュリティ対策状況をチェックするのではなく、企業全体の状況を診断する。そのため、CSIRTなどインシデント対応の機能なども対象となる。目的は、脆弱性を指摘するだけでなく、企業のサイバー攻撃に対する耐性を診断することだ。実際の標的型攻撃事例をもとに診断するため、セキュリティシステムによる検査を回避しようとする動きや、二次侵入、バックドアの設置なども行う。これらの実施期間は数カ月ほどになる。

 RedTeamによる対策を実施することで、組織は標的型攻撃への耐性の向上が期待される。ただし幾つかの問題もあり、例えば、疑似標的型攻撃メール攻撃で話題になっている、セキュリティベンダーが企業に入り込み過ぎてしまう問題であり、これにはセキュリティベンダー側を評価する基準を構築するなど、第三者機関の協力が必要となるだろう。

 また、大企業やグローバル企業、政府などのセキュリティレベルが上がれば、必然的にサイバー犯罪者は、一段セキュリティレベルの低いその下請け企業や関連企業を狙う。RedTeamは実施費用も高く、中堅・中小規模企業が利用するにはハードルが高い。今後は中堅・中小規模企業でも利用できるような、人の脆弱性や物理セキュリティに特化したようなメニューと価格の登場が期待される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]