編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

さらなる高みを目指すプログラマーにおすすめの本15冊 - 3/16

Brandon Vigliarolo (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-08-27 08:00

2.The Art of Computer Programming

 計算機科学者であり、組版システム「TeX」の生みの親でもあるDonald Knuth氏が書いた書籍であるということだけでも、この本を読む価値がある。Knuth氏は、そのずば抜けた成果を評価されて、学士号と同時に修士号を与えられたほどの人物だ。

 「The Art of Computer Programming」は複数の巻にわたる大著で、書き始められたのは1962年のことだ。計画されている7巻のうち、2005年までに4巻が出版されている。このシリーズは極めて高く評価されており、これによって同氏は1974年にACMチューリング賞を受賞した。本書はコンピュータプログラミングの職業を定義づける論文であると位置づけられている。

2.The Art of Computer Programming

 計算機科学者であり、組版システム「TeX」の生みの親でもあるDonald Knuth氏が書いた書籍であるということだけでも、この本を読む価値がある。Knuth氏は、そのずば抜けた成果を評価されて、学士号と同時に修士号を与えられたほどの人物だ。

 「The Art of Computer Programming」は複数の巻にわたる大著で、書き始められたのは1962年のことだ。計画されている7巻のうち、2005年までに4巻が出版されている。このシリーズは極めて高く評価されており、これによって同氏は1974年にACMチューリング賞を受賞した。本書はコンピュータプログラミングの職業を定義づける論文であると位置づけられている。

提供:Héctor García-Molina/Stanford University

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]