編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTVP、フィスコ、ABBALabの3ファンド、仮想通貨とICOトークンへの直接投資を開始

NO BUDGET

2017-08-27 07:00

 日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)、フィスコ、ABBALabの各投資ファンド、が日本の投資ファンドとして初めて、仮想通貨とICOトークンへの直接投資を開始する。8月10日、テックビューロが発表した。

 各投資ファンドは、ビットコイン、XEMといった仮想通貨や、テックビューロが提供するICOソリューション「COMSA」で発行される企業トークンも投資対象とする。

 ICO(Initial Coin Offering)とは、トークンを発行して売り出すことによって資金を調達する手法。実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うもので、購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となる。

 NTVPはテックビューロのシード投資家で、国内における、暗号通貨やブロックチェーン関連スタートアップ企業へのVC投資家。今回、その投資対象を対企業だけではなく、仮想通貨やCOMSAのICO案件にまで拡大することになった。

 フィスコは、傘下のグループ会社を通じて仮想通貨専門の投資ファンド「FISCO Crypto Currency Fund(仮称)」を10億円規模で組成した。これを通じて、ビットコインを始め、XEMを始めとする新興通貨や、「COMSA」におけるICO案件に直接投資する。

 ABBALabは、その投資対象を企業から仮想通貨へ拡げ、同社が支援するIoTの分野などの企業が「COMSA」のICOで発行するトークンにも積極的に投資していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]