編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

4~6月決算まとめ:業績予想の上方修正額ランキングBEST50

ZDNet Japan Staff

2017-08-16 10:26

今日のポイント

  1. 4~6月期決算発表と同時に、通期(2018年3月期)の業績見通しを上方修正する企業が増加。3月決算841社の今期純利益(会社予想)は、前期比10.5%増
  2. 自動車・電機(半導体関連や設備投資関連)に上方修正が多い。自動車の上方修正は円安効果が大半で、株式市場で評価されにくい

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

業績予想の上方修正が増える

 4~6月期(2018年3月期の第1四半期)決算の発表がほぼ出そろった。決算発表と同時に通期(2018年3月期)の業績予想を引き上げる企業が増えた。

 8月15日時点で今期業績の会社予想を集計したものが、以下の表だ。

東証一部上場 3月決算 主要841社の業績(前期比増減率)推移


出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 前期(2017年3月期)の純利益(会社予想)は、期初(5月時点)では9.8%増益と見込まれていた。ただし、円高の進行によって下方修正が増え、中間決算の発表が終わった12月時点では、4.2%増益と予想増益率が縮小した。ところが、第3四半期(10~12月期)の決算発表では、一転して業績予想を引き上げる企業が増え、最終的に12.3%増益となった。

 今期(2018年3月期)は、まだ第1四半期(4~6月期)が終わったばかりだが、4~5月に出したばかりの通期見通しを修正する企業が多いのは、異例と言える。日本企業は利益予想を慎重(低め)に、利益予想の上方修正は遅めに出す傾向が強いが、今回、第1四半期の決算発表時点で、早めに通期見通しの上方修正を出してきている。それだけ、足元の利益モメンタム(勢い)が強いと言える。

 円安が進行したことが、利益予想の主要な修正要因となっているが、それだけではない。米国や中国の景気が好調であること、内外で設備投資が回復してきていることも追い風となっている。

上方修正額ランキング 1~25位

 それでは、どのような企業が第1四半期の決算発表時に、通期予想を上方修正したか、具体的に見ていく。まず、上方修正額が大きい、上位25社を挙げる。

東証一部上場 3月決算 主要841社のうち、今期連結純利益(会社予想)の上方修正額の上位1~25位


出所:各社資料より楽天証券経済研究所が作成

 上方修正は、輸送用機械(自動車)と電機(半導体関連・設備投資関連など)に多いことが分かる。

 修正額トップのトヨタ自動車は、今期純利益の予想を前期比18%減の1兆5000億円から、同4%減の1兆7500億円に修正した。修正幅は2500億円と大きいが、発表後に株価はあまり上昇していない。これには2つの理由がある。

  • 上方修正要因のほとんどが「円安」
     業績予想の前提を、円安方向(1ドル105円から110円に、1ユーロ115円から124円)に見直した効果で、営業利益で2200億円の上方修正要因となった。今回、トヨタは営業利益と純利益の予想をともに2500億円上方修正したが、大半が円安効果である。
  • 北米の利益が大きく減少している
     4~6月期の所在地別セグメント情報を見ると、日本や欧州が前年同期比で増益している一方、北米の利益が大きく減少している。前年同期に1654億円あった利益が、888億円まで減っている。北米で自動車販売が減少、なかでも日本の自動車メーカーが得意とする乗用車が不振の影響を受けている。

 トヨタのみならず、自動車が全体の利益見通し増額の主因となっている。ところが、自動車産業は、円安効果で利益見通しが改善しているものの、北米不振という不安を抱えた中では、株式市場では評価されにくくなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]