編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

損保ジャパン日本興亜、国内最大規模のAI音声認識システムを構築

NO BUDGET

2017-08-17 06:58

 損害保険ジャパン日本興亜(損保ジャパン日本興亜)は8月14日、NTTコミュニケーションズが構築する音声認識技術を活用した「AI音声認識システム」を2018年2月1日から導入すると発表した。

 同システムは、事故受付から保険金の支払いまでを対応する全国のサービス拠点約300カ所(約1万席)で活用される。これは国内最大規模になるという。

 音声マイニングシステムとして「ForeSight Voice Mining」を採用し、顧客との通話内容をリアルタイムかつ高精度で音声データ化し、さらに音声データをテキストデータ化する。データ化した音声をもとに、キーワードによる音声抽出や再生、NGワードの登録によるアラート、リアルタイムモニタリング、感情分析機能による応対品質の分析を行う。 ForeSight Voice Miningは、NTTグループの人工知能(AI)関連技術「corevo」を活用している。

 期待できる効果としては、サービス品質チェック業務の高度化を図れることや、通話内容のテキスト化で対応内容の記録にかかる時間を削減でき、顧客対応の時間を創出できることなどが挙げられている。

 両社は、7月に共同のプロジェクトチームを発足させており、自動要約機能や、AI開発に着手する。AI開発では、高品質な電話対応サービスを行う社員のノウハウや過去の高品質な電話対応記録をビッグデータ解析し、優れた対応に共通する特徴(アルゴリズム)を融合したAIモデルの研究を行っていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]