編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

AIに注力するクアルコム、機械学習の新興企業Scyferを買収

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ) 編集部

2017-08-17 12:27

 Qualcommが米国時間8月16日、オランダに本拠を置く機械学習の新興企業、Scyferを買収すると発表した。Scyferは製造、ヘルスケア、金融といった業界で、企業向けの人工知能(AI)の開発に取り組んできた。


提供:Lynn La/CNET

 Qualcommのテクノロジ担当エグゼクティブバイスプレジデント、Matt Grob氏は声明で、「われわれは10年前に基礎的なリサーチを開始し、今では当社の現行製品はコンピュータビジョンと自然言語処理からマルウェア検知まで、さまざまなデバイスで多くのAIのユースケースを支援している」と述べた。同氏はさらに、「ワイヤレス接続、パワーマネジメント、写真技術のためのAIなど、より広範なトピックに関しても研究を進めている」としている。

 また、Qualcommは同日、Scyfer買収の発表のほかに、同社の将来に向けたビジョンを提示した。これによると、同社はAIによってデバイス、自動車、機械がさらにインテリジェントになる世界を思い描いているという。Qualcommはクラウドに焦点を合わせるのではなく、ネットワークやWi-Fiへの接続の有無に関係なく機能する機械学習を志向するとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]