編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
海外コメンタリー

クラウドは「セキュリティの死角」を作り出している - (page 2)

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-08-23 06:30

 同レポートは「特権アカウントに対するアクセスを得ることでハッカーらは、『王国に至る(仮想の)鍵』と、大規模な窃盗行為によって大きな被害をもたらす能力を手にする。しかしほとんどの企業はこのリスクに対して十分な危機意識を持っていない」と記している。

 現代の平均的な大企業は、社内環境に1000種類以上のアプリを有しており、それらアプリを2万台以上の機器にインストールしている。

 Ciscoの研究者らは、495の組織における4410の特権ユーザーアカウントを精査した。その結果、クラウドプラットフォームのエンドユーザー100人あたり、特権ユーザーアカウントを有しているのは6人であったにもかかわらず、多くの組織では平均するとたった2人でほとんどの管理作業を実行していることが分かった。

 Ciscoは、ログインに使用されたIPアドレスを管理者が注意深く監視するというプラクティスを推奨している。上記の平均2人のユーザーがプラットフォームにアクセスするために使用するIPアドレスは、たいていの場合ほんの一握りでしかないはずだ。

 Ciscoは「このような通常パターンにあてはまらない活動は調査するべきだ」と述べている。

 Ciscoが推奨するもう1つのプラクティスは、管理者が必要な作業を終えた際には必ずログアウトするというものだ。セッションをオープンにしたままにしておくと、権限のないユーザーが容易にアクセスできるようになるうえ、その発見も難しくなる。

 同社は、最近発生したGmailユーザーを狙ったフィッシングキャンペーンによる、OAuthインフラを悪用しようとする試みによって、OAuthのセキュリティリスクが浮き彫りになったと述べている。

 このキャンペーンで使用された偽の「Google Docs」アプリはGoogleのOAuth実装を悪用し、被害者のGmailアカウントへのアクセスを求めるようになっていた。また、ユーザーがこのアプリに対してアクセスを許可すると、連絡帳に登録されているユーザーにも同じフィッシング電子メールが送信されるようになっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]