「Android 8.0 Oreo」正式発表--Pixel/Nexus端末に近く配信へ

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-08-22 07:10

 「Android O」の「O」が何の頭文字であるかについてはヒントや憶測が飛び交っていたが、正式名称は「Android 8.0 Oreo」であることが明らかになった。

 Googleは、米国で皆既日食が完了した直後に、ニューヨーク市からのライブ配信を通じてAndroid 8.0の正式名称を発表した。

 Android 8.0 Oreoは、米国時間8月21日にAOSP版が公開された。デバイスへの提供については、通信事業者による試験完了後の近い将来、Googleの「Pixel」「Pixel XL」「Pixel C」「Nexus 6P」「Nexus 5X」「Nexus Player」を対象に開始される予定だ。Googleは「まもなく」と述べるにとどまり、リリースの具体的なスケジュールは明らかにしなかった。

 Googleは、デバイスパートナーと連携していることも発表した。Essential、General Mobile、HMD Global(Nokiaブランド製品を提供)、Huawei(ファーウェイ)、HTC、京セラ、LG、Motorola、サムスン、シャープ、ソニーの各社が、2017年末までに新端末を発売または既存端末をアップグレードするという。

 今回のアップデートによって、Androidに多数の改良が加えられる。各種アプリからのアラートの度合いをユーザーが設定できる通知チャンネル機能や、Android 8.0 Oreoを搭載する端末でマルチタスクを実行中にビデオチャットが可能なピクチャインピクチャモードが新たに追加される。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]