編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

インテル、第8世代「Core」プロセッサを発表--40%高速化

Adrian Kingsley-Hughes (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-08-22 07:54

 Intelは米国時間8月21日、新しい第8世代「Core」プロセッサを発表した。1つ前の第7世代の「Kaby Lake」チップと比べて性能が40%向上しているという。

 Intelは今回、これまでとは少し異なる方法をとっている。通常は、アーキテクチャの変更とともに世代交代が行われるが、Intelの第8世代チップには、14nm+プロセスで製造される現行のKaby Lakeアーキテクチャを採用するものが一部含まれる。その後、14nm++プロセスの「Coffee Lake」アーキテクチャと10nmプロセスの「Cannonlake」アーキテクチャを採用するチップがリリースされる予定だ。

 しかし21日にIntelが発表したのは、第8世代のKaby Lakeチップのみ。「Core i7」と「Core i5」がそれぞれ2種類発表され、そのすべてがノートPC向けのUシリーズプロセッサだ。

 発表されたのは、ベースクロック1.9GHzの「i7-8650U」、1.8GHzの「i7-8550U」、1.7GHzの「i5-8350U」、1.6GHzの「i5-8250U」の4種類。すべてクアッドコア(8スレッド対応)で、対応する既存の第7世代チップよりも最大40%高速になっているという。その性能向上のうちの25%はコアの追加によるもので、残りは製造や設計の改良によるものだとIntelは主張している。

第8世代のKaby Lake
第8世代のKaby Lake

 また各チップには、ブランド名を変更したGPU(以前の「HD Graphics 620」から「UHD Graphics 620」に改称)が搭載されており、4K動画、VR、3Dなどをサポートする(ただし厳密には、このグラフィックスサポートの向上を支えているのはCPUだ)。

 Intelによると、新しい第8世代チップを搭載する最初のノートPCが、各種OEMパートナーによって9月から順次発売される予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]