日本IBM、マルチベンダー環境をサポートするセキュリティクラウドサービスを提供開始

NO BUDGET

2017-08-31 07:45

 日本IBMは、8月22日、マルチベンダー環境をサポートするセキュリティクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」を10月1日から提供開始すると発表した。

 両サービスは、セキュリティインテリジェンス製品「IBM Security QRadar」を利用したもので、コグニティブ技術を活用したセキュリティーオペレーションセンター(SOC)「IBM Cognitive SOC」のプラットフォームの強化に活用される。IBM SOCは、東京を含む世界8拠点に設置されている。

 IBM Security QRadarは、さまざまな機器のログをリアルタイムに相関分析してサイバー脅威に対処するSIEM(Security Information and Event Management)において、セキュリティイベントだけではなく、ネットワークのフロー情報の解析、自動正規化、分析、フォレンジック、アクティビティや振る舞い分析などを可能とする。

 ISMは、IBM Security QRadarにて検出された攻撃をもとに、IBM SOCのセキュリティアナリストが24時間365日体制で監視・分析を行うクラウドサービスで、さまざまな機器のログを収集し、保管・閲覧環境を提供する。プリパッケージのルールは、IBM SOCのグローバル監視の知見から導き出された検知ロジックを用いる。マルチベンダー環境に対応することで、グローバルに展開される攻撃に対して、IBM以外の製品を含めた広範囲なシステム領域のサポートを実現する。

 ILMは、ログ管理に特化したサービスで、各種ログをクラウド環境に保管して閲覧環境を提供し、セキュリティ監査への対応を支援する。

 ISMの月額料金(税別)は57万8100円から、ILMの月額料金(税別)は18万5100円から。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]