編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本IBM、マルチベンダー環境をサポートするセキュリティクラウドサービスを提供開始

NO BUDGET

2017-08-31 07:45

 日本IBMは、8月22日、マルチベンダー環境をサポートするセキュリティクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」を10月1日から提供開始すると発表した。

 両サービスは、セキュリティインテリジェンス製品「IBM Security QRadar」を利用したもので、コグニティブ技術を活用したセキュリティーオペレーションセンター(SOC)「IBM Cognitive SOC」のプラットフォームの強化に活用される。IBM SOCは、東京を含む世界8拠点に設置されている。

 IBM Security QRadarは、さまざまな機器のログをリアルタイムに相関分析してサイバー脅威に対処するSIEM(Security Information and Event Management)において、セキュリティイベントだけではなく、ネットワークのフロー情報の解析、自動正規化、分析、フォレンジック、アクティビティや振る舞い分析などを可能とする。

 ISMは、IBM Security QRadarにて検出された攻撃をもとに、IBM SOCのセキュリティアナリストが24時間365日体制で監視・分析を行うクラウドサービスで、さまざまな機器のログを収集し、保管・閲覧環境を提供する。プリパッケージのルールは、IBM SOCのグローバル監視の知見から導き出された検知ロジックを用いる。マルチベンダー環境に対応することで、グローバルに展開される攻撃に対して、IBM以外の製品を含めた広範囲なシステム領域のサポートを実現する。

 ILMは、ログ管理に特化したサービスで、各種ログをクラウド環境に保管して閲覧環境を提供し、セキュリティ監査への対応を支援する。

 ISMの月額料金(税別)は57万8100円から、ILMの月額料金(税別)は18万5100円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]