編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

東京証券取引所、情報系システムのインフラ基盤を刷新

NO BUDGET

2017-08-31 08:00

 東京証券取引所(TSE)は、20を超える情報系システムのインフラ基盤に「Nutanix Enterprise Cloud Platform」を採用した。8月22日、ニュータニックス・ジャパンが発表した。

 この情報系システムは、上場企業の銘柄を管理するシステムや投資家に情報を配信するもの。新たな情報系システム基盤は、Nutanixが提供するエンタープライズクラウドプラットフォーム上で、CitrixによるVDI(Virtual Desktop Infrastructure)環境を先行して稼働させる。

 2000ユーザーのVDI環境をプライマリセカンダリ両現用構成で構築し、その後、銘柄管理システムや情報配信システムなど、全ての情報系システムを対象としていく。最終的には、情報系システムのミッションクリティカルなシステムもNutanix上で稼働させる予定だ。

 TSEによると、従来の情報系システム基盤は、軽微な構成変更の際の迅速性や拡張性に課題があったという。構成変更によって拡張する際、外部のシステムインテグレーターに打診し、その都度時間とコストをかける必要があり、ユーザーから要望があったときに迅速に環境提供できる基盤づくりを模索していた。

 その後、ハイパーコンバージドインフラストラクチャを採用することになり、Nutanixの金融機関の導入事例を研究しながら検討を重ねた。その結果、仮想サーバの迅速なデリバリが定量的な効果として確認できた。また検証機による検証で、OSインストールからVDI環境の構築まで2日程度でできただけでなく、60ユーザーほど収容しても問題なく稼働できることを確認した。

 TSEでは、事前に現状の運用およびクラウド環境で行う運用から、約800件の項目を洗い出し、各項目の内製化について検討を行った結果、95%を内製化できることが分かったという。また、設計部分では、工数を半分以下にできるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]