マカフィー、AWSユーザー向けのセキュリティを本格化

國谷武史 (編集部) 2017年08月23日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは8月23日、仮想環境用の不正侵入防御システム(IPS)ソフトウェア「McAfee Virtual Network Security Platform」(McAfee vNSP)のAmazon Web Services(AWS)版の正式提供を開始した。AWSユーザー向けに無償トライアルも始める。

 McAfee vNSPは、VMware NSXやHyper-V、KVMなどのハイパーバイザ上で動作するIPS製品。AWS版は、AWSのIaaS環境に最適化されているといい、仮想マシンの脆弱性を突く攻撃やマルウェア攻撃の検知と遮断、マイクロセグメンテーション化、仮想マシン間通信の保護、管理およびレポート機能を搭載する。

 米McAfee ネットワークセキュリティ製品担当ディレクターのShel Sharma氏は、「ワークロードのスケールアップやダウンへの柔軟な対応と、ゲートウェイと仮想マシン間のNorth/South通信および仮想マシン間のEast/Westの通信を防御するクラウドネイティブなソリューションになる」と説明している。


AWS版McAfee vNSPの主な機能

 またセールスエンジニアリング本部長の櫻井秀光氏は、1つのライセンスでクラウドやオンプレミスを問わずIPSを利用できるメリットや、異なる稼働環境でも一元的に製品を管理できる運用性の高さを特徴に挙げる。無償トライアルの他に、AWS Japanパートナーとの協業やマネージドセキュリティサービス事業者とのサービス開発も進めることで、McAfee vNSPの販売拡大を図っていくとした。

 McAfee vNSPは発売から2年ほどが経過するが、Sharma氏によれば、AWS版を皮切りに今後はGoogle向けやMicrosoft Azure向けも検討しており、パブリッククラウドのIaaSに対するセキュリティ機能の提供を本格化させる。

 櫻井氏は、IDC Japanのレポートを引用して「現在の日本企業はクラウドを導入する一番の理由にセキュリティの強化を挙げるようになった。一方で具体的なセキュリティ対策方法が課題になり、使いやすさや可視性を特徴に製品を展開していきたい」と述べている。

パブリッククラウドのセキュリティではユーザーと事業者の責任分界点を押さえることが重要で、ユーザーが責任を持つ領域に向けた対策製品が広がりつつある''
パブリッククラウドのセキュリティではユーザーと事業者の責任分界点を押さえることが重要で、ユーザーが責任を持つ領域に向けた対策製品が広がりつつある

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算