編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ウクライナで大規模サイバー攻撃の予兆、Petya亜種の手法か?

ZDNet Japan Staff

2017-08-23 18:50

 ウクライナのセキュリティ会社Information Systems Security Partners(ISSP)は8月22日、同国で24日に大規模なサイバー攻撃が発生する恐れがあると発表した。6月下旬に発生したマルウェアの「Petya」亜種(別名「GoldenEye」「NotPetya」など)による攻撃に続く事態になりかねないと警鐘を鳴らす。

 同社は監視サービスを通じて、JavaScriptコードを含むテキストファイルが圧縮されたZIPファイルが拡散しているのを発見。JavaScriptは、実行形式のファイルをダウンロードするものだったという。拡散元のウェブサイトは、ウクライナで会計ソフトを開発するCrystal Finance Millenniumのものだった。


攻撃の予兆とされる不審なファイルの概要(出典:Information Systems Security Partners)

 6月下旬の攻撃では、別の会計ソフトの更新プログラムにPetya亜種が仕組まれ、ユーザー企業や政府機関のシステムがダウンする深刻な被害が発生した。ISSPは、新たなマルウェアの特徴や攻撃手法などの詳細は明らかにしていないが、6月下旬の攻撃に続くものとの可能性を指摘している。

 8月24日はウクライナの独立記念日として祝日にあたり、ISSPは休暇前に不審サイトからの通信をファイアウォールなどでブロックするなど事前の対策を呼び掛けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]