編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

円高・政治不安が日経平均の上値抑える

ZDNet Japan Staff

2017-08-28 10:26

今日のポイント

  1. 先週の日経平均は円高を嫌気して続落。ドル金利の先高感が低下し、一時、1ドル108円台まで円高が進んだことが嫌気される
  2. 米インフレ率が2%を下回っているため、金融引き締めに打ち止め感が出るとの思惑が広がっている。9月1日の雇用統計が強いと、引き締め継続の思惑が出る可能性もある

 これら2点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

先週の日経平均は円高・政治不安を嫌気して続落

 先週の日経平均は1週間で18円下がり、1万9452円となった。小幅ながら6週連続の下げとなった。一時、1ドル108円台に入った円高などを嫌気した。過去1年半の日経平均の動きを簡単に振り返る。日経平均は、世界の政治不安、世界景気、為替(円高円安)に反応して、動いていたことがわかる。

日経平均週足:2016年1月4日~2017年8月25日

日経平均週足:2016年1月4日~2017年8月25日
注:楽天証券マーケットスピードより作成

2016年1~6月
 世界中に政治不安が広がり、世界景気が悪化する中、円高が進んだことから日経平均は暴落した。

2016年7~12月
 世界の政治不安が緩和する中、世界景気が一斉に回復し、円安が進んだことから日経平均は急騰した。

2017年1~8月
 世界の政治不安が強まる中、世界景気の回復が続いた。強弱材料がきっこうする中で日経平均は1万8500~2万0000円を中心としたボックス圏で推移している。為替は円高に動き、日経平均の上値を抑えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]