Canonical、エンタープライズの「Kubernetes」配備を支援する新パッケージ発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年08月28日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Canonicalは「Kubernetes」を利用したDevOps向けのコンテナ管理製品を強化し続けている。「Ubuntu Linux」の開発元である同社は英国時間8月23日、エンタープライズのKubernetes配備を念頭に置いた2つのコンサルティングパッケージを新たに発表した。また、パートナー企業の製品に対するエンタープライズ向けサポートの拡充も発表した。これには、Galactic Fogのサーバレスインフラや、Rancher Labsのコンテナ管理ワークフロープラットフォーム、Weaveworksの「Weave Cloud」が含まれている。

 Ubuntuは既にクラウド向けのOSとして最も普及している。Ubuntuがクラウド上で最も人気の高いOSであることに加えて、Canonicalは「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」、GoogleやOracleのクラウドとの連携に力を入れており、これらクラウド上でのコンテナ向けUbuntuゲストの最適化を図っている。またCanonicalは「Google Container Engine」(GKE)との連携にも力を入れており、企業のKubernetes配備とGoogleのSaaSサービスというハイブリッド運用を可能にしている。

 Canonicalが今回新たに発表した2つのコンサルティングパッケージは「Kubernetes Explorer」と「Kubernetes Discoverer」だ。前者は既存のクラウドインフラを対象にしている一方、後者はベアメタル型のクラウドやコンテナを用いる企業向けとなっている。

 Kubernetes Explorerはパブリッククラウドとプライベートクラウド、「VMware」上のKubernetesをサポートする。このパッケージは1万5000ドルの参照アーキテクチャとして提供されるとともに、訓練と配備を含み、オプションとしてワークロード分析のコンサルティングや、日々のコンテナ運用をサポートするための継続的インテグレーション(CI)と継続的デプロイメント(CD)に向けたパイプライン作成の支援も用意されている。

 Kubernetes DiscovererはExplorerにベアメタル運用を含めたパッケージだ。価格は3万5000ドルで、特定のワークロードに向けてアーキテクチャを最適化するためのスペシャリストのコンサルティングと、オンサイトでの実地研修が含まれている。またDiscovererパッケージには、ストレージとネットワークに関連した緊密な統合とカスタマイズに向けたオプションも用意されている。

 CanonicalのKubernetes製品担当マネージャーであるMarco Ceppi氏は、「任意のクラウドやベアメタル、仮想化といった環境でKubernetesを運用するためのベストプラクティスを求める組織は、参照アーキテクチャとスペシャリストのコンサルティングを手にできるようになった」と述べるとともに、「CanonicalのKubernetesは、パブリッククラウドやプライベートインフラをまたがるポータビリティに力点を置いた、スケールアウト可能でクラウドネイティブなワークロードをホストする方法に変革をもたらしている」と述べている。

 Canonicalの製品担当バイスプレジデントであるDustin Kirkland氏は「ハイブリッドクラウド環境をまたがってコンテナを利用可能にすることが企業の抱える難題となっている」と述べるとともに、「Canonicalのクラウドパートナーシップによって、マルチクラウド環境をまたがるかたちで、一貫してセキュアで効率の高いKubernetesを用いたクラウドインフラの選択肢が与えられる」と述べている。

 CanonicalによるKubernetesのこの実装は、パートナー企業が提供するさまざまな製品のための共通プラットフォームとして機能する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]