海外コメンタリー

スパム業者の活動実態--悪質メールが増える曜日と時間をIBMが調査

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年08月31日 08時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スパムは風邪や、自動音声でのセールス電話などと並び、生活に煩わしさをもたらすものの1つだ。


提供:Devon Yu/Getty Images

 スパムと聞くとまず、長らく音信の途絶えている金持ちの親類がアフリカにいるという話や、スペインの宝くじに当選したという話(宝くじを買った覚えがないにもかかわらず)を持ちかける電子メールを思い浮かべるかもしれない。しかし、スパムの電子メールはしばしば、より卑劣な目的でも用いられている。

 想像を絶するくらいの金額を振り込む、あるいは宝くじの当選金を振り込むという名目であなたの個人情報を送信するよう求める電子メールにだまされた場合、また取引銀行の名をかたったメールに含まれている、認証情報の再入力を促すリンクをクリックしてしまった場合(こちらの方が引っかかる確率は高い)、個人情報の窃盗や、アカウントの乗っ取り、そしてより深刻なケースでは認証した覚えがないにもかかわらず口座から資金が移動されるという被害を被るおそれもある。

 スパムやフィッシングのキャンペーンは日常茶飯事となっているが、背後にいるサイバー攻撃者らはどのように活動しているのだろうか?

 IBM X-Force Kasselという研究チームは米国時間8月21日、スパマーの平均的な1週間を探る研究プロジェクトの成果を発表した。

 スパマーを対象としたハニーポットの運用と監視を実行する同チームがスパムキャンペーンのデータを収集、分析したところ、世界的な傾向とパターンが浮かび上がってきた。

 同チームによると、スパムキャンペーンは金銭の不正取得を目的とするため、たいていの場合は一般企業のように活動しており、スパマーらは企業の営業時間に合わせた計画を立てているという。

 83%を超えるスパムが平日に送信されており、週末には「著しく」送信活動が低下するという。また、6カ月間分のデータを分析した結果、同チームはスパムキャンペーンが火曜日と水曜日、木曜日に増加することを発見した。


曜日別にみたスパム流量の割合
提供:IBM X-Force Research

 平日は、協定世界時(UTC)の午前5時頃(米国東部夏時間(EDT)の午前1時頃)にスパムの流量が増加し始める。IBMによるとこれは「スパマーらが『太陽の動きに合わせた攻撃』を開始する前にまず欧州を標的とし、それから米国に向けてスパムを送信し始める」ためだという。

 そしてスパムの流量はUTCの午後8時頃(EDTの午後4時頃)に減少するが、研究者らによると主に米国を標的とする一部のアクティビティは継続されるという。


平日の時刻(UTC)別にみたスパム流量の割合
提供:IBM X-Force Research

 同チームによると、この調査結果は「Dridex」や「TrickBot」「QakBot」をはじめとするマルウェアファミリの感染拡大とも関連付けられるという。これらのマルウェアはすべて、金銭詐欺を目的としたサイバー犯罪者らのキャンペーンで使用されるものだ。

 研究者らは「このようにして攻撃者らは、潜在的被害者である企業の従業員が、送信されてきた電子メールを開く可能性の高いごく限られた時間帯に、悪意のあるメールを集中して送信するようにしている」と述べている。

 スパムアクティビティは休む間もなく続いているとはいえ、IBMによるとスパマーらは休憩時間を取得しており、拠点としている場所の睡眠時間帯にそのアクティビティが低下するという。また、週末に活動するスパマーらは昼夜を限らず活動しており、スパム流量は真夜中頃と午後1時頃にピークがあり、午後11時頃に落ち込むものの、真夜中から再び増加する傾向にあるという。

 ほとんどのスパムキャンペーンはインドや南米、中国を起点としている。


スパムの起点となる地域(2016年12月から2017年6月)
提供:IBM X-Force Research

 スパムは今後も悩みの種であり続けるだろうが、この種の行動はソーシャルネットワーク上でもはびこっている。例えばTwitterは、スパムボットという深刻な問題を抱えている。攻撃者は偽アカウントのネットワークを用いて正規のアカウントをフォローし、不運なユーザーが偽のウェブサイトへの悪質なリンクをクリックするのを待ち受けているのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]