編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本MSなど、「クリエイティブスペース」を展開--働き方改革を支援

NO BUDGET

2017-08-29 11:35

 米オフィス家具メーカーSteelcaseと日本マイクロソフトは8月24日、日本の法人ユーザーの働き方改革に貢献することを目指した「クリエイティブスペース」の共同展開を開始した。3月にSteelcaseとMicrosoftが発表したパートナーシップに基づき、アジア太平洋地域では初めて、日本でも協業する。

 クリエイティブスペースは、クリエイティブな思考、そしてより良いコラボレーションを生み出すためにデザインされたさまざまなテクノロジを備えるオフィス環境として、スチールケースの建築要素や家具に「Microsoft Surface」や「Office 365」がシームレスに統合されたものという。

 今回の協業では、日本法人スチールケースのワークライフ東京(港区南麻布)と日本マイクロソフトの品川本社オフィスにさまざまなタイプのクリエイティブスペースが設置される。概要は以下の通り。

デュオスタジオ(Duo Studio、スチールケースと日本マイクロソフトに設置)
 同スペースでは、「Surface Studio」を使用して個人ワークをサポートしながら、2人が共同作業するクリエイティブワークも可能になるという。また、他の人を招き入れて、「Surface Hub」を活用した意見交換やリラックスして休息できるラウンジ的要素も含まれる。

デュオスタジオ

メーカーコモンズ(Maker Commons、スチールケースと日本マイクロソフトに設置)
 クリエイティブワークにはアイデアの共有や迅速なプロトタイプ製作が不可欠と説明。同スペースでは、Surface Hubや「Surface Book」などをさまざまに組み合わせながら、会話や試作、集中といった作業を素早く切り替えられるとしている。

メーカーコモンズ

レスパイトルーム(Respite Room、スチールケースに設置)
 クリエイティブワークには、一人での熟考と活発なグループワークをバランスよく混在させるなど、多様な脳の状態を快適に実現できることが要求されると説明。レスパイトルームでは、ゆったりとした姿勢でリラックスでき、注意散漫を防ぐという。

レスパイトルーム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]