編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

セキュアブレイン、SOCサービスを開始--エンドポイントへの攻撃を監視

NO BUDGET

2017-08-29 14:55

 セキュアブレインは8月25日、エンドポイントへのサイバー攻撃を監視するセキュリティ監視センター(SOC)サービスを10月から提供開始する。第1弾としてリモート監視サービスを提供する。利用料金はBasicサービスが年額36万円(税別)。マルウェア対策サービス「Cisco AMP for Endpoints」を使用する。監視するPC台数分のライセンスが必要で、最小ライセンス数は50となっている。

 サイバー攻撃が猛威を振るい、重大なセキュリティ事件も発生している。その中で、社内セキュリティ対策チーム(CSIRT)を設置する動きが出てきている。だが、広範にわたるセキュリティ対策を自社だけで対応するには、人材やコストの問題がある。SOCサービスでは、こうしたニーズに対応していく狙いがある。

SOCサービスのイメージ図
SOCサービスのイメージ図(出典:セキュアブレイン)

 サービス内容は、次のような種類に分かれている。

Basicサービス(アラート監視サービス)

 Cisco AMP for Endpointsから送信される検知アラートについて、同社技術者が検知内容を確認して攻撃の有無を判断、検知内容の解説と顧客での対応の必要性などを連絡する。

Standardサービス(イベント分析サービス)

 Basicサービスに加え、Cisco AMP for Endpointsの脅威検知イベントについて、同社技術者が検知内容を分析し、感染端末の感染経路や被害状況を確認。対応方法について適切なアドバイスを提供する。

Advancedサービス(運用、インシデント対応サービス)

 Basic、Standardの各サービスに加え、検知したマルウェアの簡易解析を実施して検知ルールの登録や除外設定などの運用を行う。サイバー脅威を分析し、拡散防止策、再発防止策を提供する。

オプションサービス

  • Cisco AMP for Endpoints導入支援サービス
  • マルウェアの詳細解析サービス
  • 半期・年次レポートサービス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]