編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Citrix ShareFileの次の手--コモディティになったファイル共有

末岡洋子

2017-09-12 07:30

 デジタルワークスペース戦略を進める米Citrix Systemsが、主力製品であるデスクトップやアプリケーションの仮想化技術に加えて重要な技術と位置づけるのが、2011年に買収したファイル共有の「ShareFile」だ。

 「ファイル共有はコモディティになった」というCitrixは、今後どのようにShareFileを進化させるのか。Citrixでバイスプレジデント兼エンタープライズプロダクトマネジメントを務めるJay Tomlin氏に話を聞いた。


Citrixのデジタルワークスペース戦略におけるShareFileの役割は?

Tomlin氏 ShareFileはファイル共有・同期からコンテンツコラボレーションサービスへと進化している。

 企業がさまざまな課題を解決できるが、主に生産性の改善(1)、コラボレーション(2)、インフラのモダン化(3)、統合(4)、データ保護(5)の5つにフォーカスしている。

 1の生産性改善では、現在のワークスペースにおいて、ユーザーはさまざまな場所にデータを格納しており、チームメンバーも頻繁に変わる。静的にチームを定義していては間に合わない。ShareFileはファイルがどこにあっても簡単にアクセスできる。

 2のコラボレーションでは、ワークフローの定義により、企業の境界を超えてファイルの共有、そして編集が可能となる。

 3のインフラのモダン化は切実な問題だ。企業が導入しているファイルサービスやFTP製品は1990年代のもので、モバイル、クラウドへの対応が十分ではないし、相互運用性の問題もある。ShareFileは、このようなレガシーのFTPやファイルサーバを置き換えるものとなる。

 4は重要なポイントで、ShareFileは単独の製品ではあるが、他のCitrix製品との統合、顧客の既存のストレージ、そしてMicrosoftの「Office 365」など他社のクラウドサービスとの統合が可能だ。

 5のデータ保護では、セキュリティと規制順守を支援する。ShareFileは情報漏洩対策、情報の権利管理などの機能により、誰がどのデータやファイルにアクセスできるのかを設定できる。欧州で新しいデータ保護法「GDPR(EU一般データ保護規則)」が施行されるが、ITはこれに対応する必要がある。

最新機能について教えてください。

Tomlin氏 これまでShareFileはOutlookと統合し、自動で添付ファイルを転換できた。大規模なファイルのやりとりが簡単になるほか、ファイルを隔離できるので安全性も確保できる。これまではWindowsのみでだったが、Outlook.com、Office 365 Outlook Online、Outlook for Macもサポートした。

 Gmailにも対応した。GmailはデフォルトでGoogle Driveを利用するが、ファイル容量に上限がある。ShareFile統合により上限がなくなり、ユーザー体験を改善できる。また、個人用のGoogle Driveではないところにワークスペースを設定できるというメリットもある。

 Mac向けのネイティブデスクトップアプリも用意した。個人のフォルダ、SharePoint、Office 365、Boxなどにあるファイルにオンデマンドでアクセスできる。若いスタッフはMacを好むという顧客が多く、要求の多い機能だった。

 また、これまで「Secure Forms」として提供してきた機能を進化させ、カスタムワークフローとして提供する。ユーザーはコードを書くことなく、ドラッグ&ドロップでテンプレートを利用してワークフローのフォームを作成できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]