編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Citrix ShareFileの次の手--コモディティになったファイル共有 - (page 3)

末岡洋子

2017-09-12 07:30

競合も変わってくるのでしょうか?

Tomlin氏 Documentum(OpenTextが買収)、OpenText、IBM Filenetなど、これまでのECMとは競合の関係になるケースもある。ShareFileは非構造データ向けに最適化されているので補完の関係もあるが、これらのECMもファイルの同期機能を加えている。

 既存のファイル同期分野では引き続き、Dropbox、Boxなどと競合する。ファイルの同期・共有はコモディティになっており、どこも同じような方向に拡大を図っているといえる。

Citrixとしての差別化要素は何ですか?

Tomlin氏 3つある。

 1つ目として、Citrixはデータの保存先として、オンプレミスのストレージ、クラウドストレージ、ハイブリッドモデルと、選択肢を提供する。ShareFileは「StorageZones」として、顧客がデータをどのゾーンのクラウドに置くかを選択できる機能がある。Citrixが管理するStorageZoneは、米国東海岸・西海岸、カナダ、ドイツ、日本など、8カ国約20ゾーンがある。

 顧客はまた、自分でストレージゾーンを作成して保存することもできる。われわれは、パートナーがShareFileをベースに自社のファイル共有・同期ソリューションを提供できるCitrix Service Provider Programというパートナープログラムも展開しており、パートナーもストレージゾーンを作成できる。例えば、ノルウェーのCitrixパートナーは、自社でストレージゾーンを作成し、顧客に提供している。

 2つ目はコネクタ。コネクタを利用することで、Citrixのシステムにデータを保存することなくSharePoint、OneDrive for Business、ECMにあるデータにアクセスしてデータから価値を得られる。ユーザーはデータを保存する単一の場所を作り、そのデータをモバイル化できる。移行させる必要はない。

 3つ目は、仮想デスクトップ向けに最適化されている点だ。

Citrixの考える将来のワークスペースとは?

Tomlin氏 仕事は”オフィスなどどこかに行ってやる”ものではなく、”アクティビティ(行動)”となった。ここで、われわれはアプリとデータを安全にデリバリするための統合サービスを提供する。ユーザーは重要なファイルや必要なアプリを全て得られる。オンプレかクラウドかは関係ない。

 管理者は、アナリティクスを利用してどのユーザーがどのアプリやデータにアクセスしているのかを把握、管理し、セキュリティリスク、コンテンツなどをベースにユーザー体験がどうなっているのかを見ることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]