7億件超の電子メールアドレスのリストを持つスパムボット--研究者報告

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2017年08月31日 15時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7億1100万件という巨大な電子メールアカウント情報のリストを持つスパムボットが発見されているという。

 Benkowというハンドルネームで知られる、パリ在住のセキュリティ研究者は、オランダにある誰でもアクセス可能なウェブサーバに、電子メールアドレス、パスワード、スパム送信に使用する電子メールサーバの巨大なリストを収めたテキストファイルが数十件保管されているのを発見したという。

 これらの認証情報は、スパム送信者が大規模なマルウェア拡散キャンペーンを実施する際、送信に正規の電子メールサーバを使用して、スパムフィルタを回避するための要となる。

 この「Onliner」と呼ばれるスパムボットは、バンキングマルウェア「Ursnif」を世界中に拡散するために使用されている。Benkow氏は米ZDNetの取材に対し、これまでに世界で10万件以上の感染が確認されていると話している。

 自分の個人情報が流出しているかどうかを確認できるサイト「Have I Been Pwned」を運営するTroy Hunt氏は、これは「たじろぐほどの量のデータ」だと表現している。

 Hunt氏はデータを分析して明らかになったことをブログ記事で説明しているが、その中で、今回のデータはこれまでに同サイトに収録された中で、最大のデータだと述べている。

 Ursnifについて何カ月も調査を続けてきたというBenkow氏も、明らかになったことを説明するブログ記事を公開している。研究者によれば、Ursnifはログイン情報、パスワード、クレジットカード情報などの個人情報の収集に使用されるトロイの木馬だ。スパム送信者は概して、一見通常の添付ファイルに見える「ドロッパー」ファイルを送信する。受信者が添付ファイルを開くと、マルウェアがサーバからダウンロードされ、マシンが感染する。

 スパムメールは今でもマルウェアの拡散方法として有効な手段ではあるが、最近では電子メールフィルタが進化してきており、過去にスパムの送信に使われていたドメインの多くがブラックリスト化されている。

 しかしOnlinerは、スパムフィルタを回避するために洗練された手法を使用している。

 Benkow氏はブログ記事で、「攻撃者はスパムを送信するために、SMTPの認証情報の巨大なリストを必要とする」と述べている。この認証情報は、スパム送信者が正規のメッセージに見せかけたメールを送信する際の認証に使われる。

 「使えるSMTPサーバを多く見つければ、それだけスパムを広く拡散することができる」と同氏は言う。

 Benkow氏の説明によれば、今回見つかった認証情報のリストには、LinkedInなどがハッキングされて漏えいした情報などからかき集められたもののほかに、出所不明の情報も含まれている可能性がある。リストには、電子メールアドレス以外に、パスワードと、電子メールの送信に使用するSMTPサーバとポート番号も記されているアカウント情報が約8000万件含まれているという。スパム送信者は各サーバに接続して、認証情報が正確で、実際にスパムを送信できるかをテストし、使用できないアカウントは無視される。

spambot
提供:file photo

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算