編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、自然言語によるデータベース検索実現に向け取り組み

Tas Bindi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-08-31 11:27

 CRM大手のSalesforce.comが、SQLといったデータベースクエリ言語の知識を持たない業務ユーザーでもデータベースとやり取りできるようにする新システムを開発している。

 同社の人工知能(AI)研究チームが開発し、その学術論文で解説されている「Seq2SQL」というシステムは、自然言語による質問を同等なSQLクエリに変換するディープニューラルネットワーク(DNN)だ。例えばユーザーは、「顧客満足度のスコアが最も低いのはどのアカウントか」といった質問を入力することで、同システムに対して適切なデータベースへのクエリを発行させ、結果を受け取れるようになる。

 同論文の説明によると、このモデルはポインタネットワーク(Pointer Network)から着想を得ており、アテンションを導入したSequence-to-Sequence(Attentional seq2seq)モデルのように固定されたボキャブラリから言葉を生成するのではなく、入力シーケンスから選択して言葉を生成するという。

 同社は、強化学習を適用することで、このモデルがAttentional seq2seqモデルよりも正確な結果をもたらせるようなったと述べている。同論文によると、Seq2SQLによって実行精度が35.9%から60.3%に向上し、論理形式での精度は23.4%から49.2%に向上したという。

 同社によると、このモデルは推論中にテーブルのコンテンツにアクセスする必要がないという。

 同社はまた、「WikiSQL」のローンチも発表した。これは8万7000を超える自然言語による質問と、SQLクエリ、Wikipedia内の2万6000を超えるHTMLテーブルから抽出したSQLのテーブルからなるオープンソースのデータセットだ。

 Wikipediaから抽出されたHTMLテーブルはその後、ランダムに生成するSQLクエリの基礎とされた。このクエリは質問を生成するために用いられ、質問はその後Amazonのクラウドソーシングマーケットプレイスである「Amazon Mechanical Turk」が抱える人材に引き渡され、言い換えが行われた。この言い換えが、生成された質問と同じ意味を持っていることは、他の2人の人材によって検証された。

 データベースのクエリを簡単に行えるようにしようと取り組んでいる企業は、Salesforceだけではない。Tableau Softwareの子会社であるClearGraphのテクノロジは、技術的な訓練を受けていないユーザーによるデータへのアクセスと分析を容易にするというよく似た目的を持っている。

 ClearGraphのテクノロジは、時間とともに拡張、学習していけるようなかたちでセマンティック(意味)データをナレッジグラフに格納していくというものだ。例を挙げると、ユーザーは「ニューヨークでホッチキスの針を購入した顧客によってもたらされた売上の合計」を照会し、その後で「過去30日以内に注文を受けたもの」という条件で結果を絞り込んだうえで、「プロジェクトオーナーの部門単位」で結果を分類できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]