編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
松岡功の一言もの申す

そろり動き出したNTTグループのクラウド事業再編

松岡功

2017-08-31 09:46

 NTTデータとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)がクラウド事業で連携することを発表した。NTTグループのクラウド事業再編がそろりと動き出した、というのが筆者の印象である。

NTTデータとNTT Comがクラウド事業で連携

 両社の発表によると、NTTデータが2018年4月に提供開始予定の新たなデータセンター「NTTDATA三鷹データセンターEAST」を拠点としたソリューション連携を強化し、両社の販売チャネルを通じて2020年までに事業規模1000億円を目指すとしている。

 NTTデータが建設中の国内最大級規模かつ最新鋭の新データセンターにおける信頼性の高いシステム運用・マネージドサービスの提供に加え、NTT Comが高品質・高信頼な各種ネットワークサービス、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」およびクラウド間接続サービス「SD-Exchange」などを合わせて提供する計画。

 これにより、同一データセンター内におけるセキュアなハイブリッドクラウド環境の構築を実現し、インフラ基盤からアプリケーションレイヤーまでのフルスタックサービスを一元的に提供するとともに、複雑かつグローバルなシステム拡張にも迅速に対応できる体制を強化する構えだ。(図参照)


図:NTTデータとNTT Comのソリューション連携の仕組み(出典:両社の発表資料)

 さらに、今後も両社が積極的に協力することで、「トラディショナルICT」領域から「クラウドネイティブICT」領域のビジネスの創造まで、NTTグループとして世界各国で活躍する顧客のデジタルトランスフォーメーションをグローバルに支援していくとしている。

 発表会見の内容については関連記事をご覧いただくとして、ここではこの動きをどう見るか。本コラム名通り、一言もの申しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]