編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
企業買収

ジュニパー、セキュリティソフトウェアの新興企業Cyphortを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-04 12:17

 Juniper Networksは米国時間8月31日、セキュリティ分析ソフトウェアを開発する新興企業Cyphortを買収する計画を発表した。買収金額などの詳細は明かされていない。

 Cyphortは、機械学習ベースの分析エンジンを含むオープンアーキテクチャプラットフォームを持つ。既存のセキュリティツールに統合して、企業が最前線で講じているセキュリティ対策を迂回した脅威を検出するのを支援する。

 Cyphortで最高経営責任者(CEO)を務めるManoj Leelanivas氏はJuniperに14年勤務したベテランで、Ciscoにも数年以上勤務した経歴を持つ。CiscoとJuniperでの業務関連の特許を10件以上保有しているようだ。

 Juniperは公式ブログで、この買収は「Sky ATP」プラットフォームを強化するものと説明している。サポートするファイルの種類を拡大し、さらなる脅威検出機能を提供していくという。

 Juniperは2016年12月にクラウド運用管理企業のAppFormixの買収を発表した。AppFormixのテレメトリとオペレーション管理技術を自社の「Contrail」製品ラインに統合するとしていた。

 Juniperは7月、最新の最高技術責任者(CTO)としてBikash Koley氏を起用したことを発表した。Koley氏はContrail、AppFormixを含むJuniperの主要製品を担当することになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]