編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

脆弱なIoT機器のユーザーに注意喚起--総務省が乗り出す

ZDNet Japan Staff

2017-09-05 17:14

 総務省は9月5日、セキュリティが脆弱なIoT機器の所有者に対して注意喚起を行う方針を発表した。必要に応じて機器メーカーに技術情報なども提供する。

 この施策では、横浜国立大学やICT-ISAC(放送・情報通信分野の事業者によるセキュリティ機関)らと連携してIoT機器の実態調査を行い、サイバー攻撃などの対象になりやすい脆弱な機器を特定した場合に、その所有者に注意を呼びかけるという。

 同省はIoT機器を狙うサイバー攻撃が増加傾向にあり、諸外国で深刻な被害が発生していると説明。政府で4月に「IoTセキュリティ対策に関する取組方針ver1.0」、7月に「2020年及びその後を見据えたサイバーセキュリティの在り方について」がそれぞれ策定されたことを受け、IoT機器のセキュリティ対策に乗り出す。

脆弱なIoT機器に対する注意喚起のイメージ(出典:総務省)''
脆弱なIoT機器に対する注意喚起のイメージ(出典:総務省)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]