編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

企業向けモバイルセキュリティ市場は2021年に倍増--IDC予測

NO BUDGET

2017-09-07 09:51

 IDC Japanは9月5日、国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場の2017年〜2021年の予測を発表した。

 これによると、同市場の2016年〜2021年の年間平均成長率は14.7%で、市場規模(売上額ベース)は2016年の65億円から、2021年には130億円に拡大すると予測される。2016年は前年比16.4%増だった。


国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場 機能セグメント別 売上額予測、2014年〜2021年

 同調査では、市場をモバイルアイデンティティ/アクセス管理とモバイルセキュアコンテンツ/脅威管理、モバイルセキュリティ/脆弱性管理、その他モバイルセキュリティに分類して分析している。

 ウイルス対策やフィルタリングなどを含むモバイルセキュアコンテンツ/脅威管理市場は、2016年の市場規模が29億円と、同市場の45.0%を占める。2016年〜2021年の年間平均成長率では4つの機能セグメントの中で最も高い成長率を示し、同市場の拡大を牽引していくとIDCではみている。

 IDCでは、モバイルデバイスは、グループウェアなどの情報系システムから基幹系システムでの活用へと拡大し、モバイルアプリケーションへのアクセス管理やアプリケーション間のシングルサインオン連携、生体認証やリスクベース認証などを組み合わせた多要素認証などアイデンティティ/アクセス管理とモバイルアプリケーションの脆弱性管理への需要が拡大するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]