編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本IBM、ブロックチェーン・プラットフォームをPaaSで提供

渡邉利和

2017-09-08 09:40

 日本IBMは9月7日、IBM Cloudのフルマネージドサービスとして提供される「IBM Blockchain Platform」を10月から国内データセンターで開始すると発表した。

 IBM Blockchain Platformは、Linux Foundationが提唱するブロックチェーン・フレームワーク「Hyperledger Fabric 1.0」を基盤に、IBMのLinuxサーバ「LinuxONE」で稼働する。データセンターは日本を含む全世界5カ所に置かれ、今後も順次増やしていく予定だ。

IBM
IBM Blockchain Platformの3つのプラン概要

 サービスでは、用途に応じて「Entry」「Enterprise」「Enterprise Plus」の3つのプランが用意される。基本的な構成は同一だが、Entryは実証実験や開発用途を想定したもので、合意形成の機能が省略される。Enterpriseは本番環境での利用を想定。Enterprise Plusは利用するコンテナを占有型としたもの。利用料金は、既に提供中のEnterpriseはメンバー単位料金で月額13万8600円となる。Entryの価格は、現時点で未確定だが、1時間当たり52.5円が予定される。EntryおよびEnterprise Plusは年内の提供を予定する。

日本IBM
日本IBM 執行役員 インダストリー・ソリューション事業開発担当の鶴田規久氏

 概要を説明した執行役員 インダストリー・ソリューション事業開発担当の鶴田規久氏は、既に全世界で約400プロジェクト(このうち日本は10%程度)がスタートしていることを明かした上で、「海外で得られたアセットやノウハウを日本に持ち込むことにより、短期間で効率的に低リスク、低コストでブロックチェーン活用を実現する」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]