編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業決算

デルの第2四半期、サーバやネットワークなどが好調--GEの主要サプライヤーに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-08 12:17

 Dell Technologiesは2017会計年度第2四半期の業績を発表した。PC事業の売上高は7%増、サーバとネットワーキング事業は16%増となった。GEの主要なITサプライヤーとして長期的なインフラ契約を締結したことも明らかにしている。


 EMCの買収から1年を迎えたDellは、売上高193億ドル、純損失9億7800万ドルを計上している。非GAAPに基づく継続事業の営業利益は8億7300万ドルだった。

 GEとの複数年の契約では、サーバ、ストレージ、バックアップ、エンドユーザーコンピューティング(PCとシンクライアント)、サービス、周辺機器などが含まれる。GEとの提携は、政府以外ではDellとEMCの歴史で最大の規模だと述べている。契約の条件などの詳細は公開されていない。

 GEとの契約は、主要分野でDellがシェアを獲得していることを意味するものだ。Dellのクライアントソリューション事業部は第2四半期、99億ドルを売り上げた。これは前年から7%の増加となり、営業利益は5億6600万ドルだった。PC出荷台数については前年同期比3.7%で増加しており、中でもノートPCが好調だったと報告している。


 インフラ事業部(Dell EMC)売上高は74億ドルだった。サーバとネットワーキングの売上高は前年同期から16%増加。同事業部全体の営業利益は4億3000万ドルだった。Dell EMCはストレージのオールフラッシュシステムへの移行を進めている。

 Dellの決算にはVMwareの業績も含まれている。VMwareは売上高の29.4%を占めた。

 Dellは同期、10億ドルの負債を返済している。第2四半期末時点での総負債は499億ドル、これはEMC買収時の573億ドルからの減少となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]