NEC子会社、スイス最大規模の蓄電システム受注

NO BUDGET 2017年09月12日 12時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECのエネルギー関連子会社である米NEC Energy Solutionsは9月8日、スイスの大手配電会社であるチューリッヒ州電力(Elektrizitatswerke des Kantons Zurich:EKZ)から同国最大規模となる出力18MW、容量7.5MWhの大型蓄電システム(Grid Storage Solution:GSS)構築プロジェクトを受注したと発表した。GGSはチューリッヒ近郊のフォルケッツヴィールの変電所に設置され、稼働開始は2018年1~3月を予定している。

 EKZは同蓄電システムを活用し、電力系統における周波数や電圧などの電力品質を維持するアンシラリーサービス市場に“周波数調整サービス”を提供する予定。同サービスは、周波数の乱れを検知し、障害が発生する前に蓄電システムから充放電することで周波数を安定させる。

 EKZのプロジェクトマネージャーであるMarina Gonzalez Vaya氏が以下のようにコメントしている。

 「われわれは蓄電池が今後の電力ネットワークで重要な役割を果たすと考えている。このスイスで周波数を調整する最初の大規模商用蓄電プロジェクトは、信頼性や継続性の高いエネルギーの確立に向けた重要なステップであり、NEC Energy Solutionsの優れた蓄電システムは、アンシラリーサービス市場で揚水発電や火力発電といった従来の発電アセットを補完する最良のソリューションです」

 NEC Energy Solutionsとしては、今回の案件がスイス初の受注となる。同社の最高営業責任者(CCO)であるAdam Briggs氏は、「EKZがスイス最大の蓄電プロジェクトでNECを選んでいただき、われわれは大変うれしく思います。EKZは世界中のほかのお客さま同様、コンセプト提案から設計、導入、テスト、システム運用、また最大の投資効果をもたらすサービスといった、優れたエンドトゥエンドの蓄電システムを高く評価頂きました」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算