海外コメンタリー

食材宅配サービス「HelloFresh」のビッグデータ活用法 - (page 3)

Danny Palmer (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年09月14日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思考の糧

 HelloFreshはデータを活用することで、個々の食材についてどのような組み合わせがよいか、またどのような組み合わせがよくないのかを見極めつつ、これまで知られていないような優れた組み合わせを見つけ出したいとも考えている。

 Villanueva氏は「食べ物の化学的な性質は確実に把握できる」と述べた上で、「食材の優れた組み合わせがいくつかあれば、その風味の特徴から、どの風味を組み合わせればうまくいくのかを探り出せるため、これは難しいことではない」と説明した。

 ただ同社の考えでは、これはキッチンでの作業によって実現されるものではなく、ビッグデータやアナリティクスによってすべて実現されるものだという。というのも、各食材をその元素レベルにまで分解し、手当たり次第に組み合わせるのは現実的に不可能だからだ。しかし、視覚的な表示を可能にするビッグデータプラットフォームを用いれば、このプロセスを合理化できるとともに、興味深い新たなアイデアを試せるようになる。

 「巨大なキッチンを用意してすべての食材を組み合わせてみるというのは無理な話だ。自らのデータに基づいた適切な組み合わせがあれば、その他にどのような風味がうまくいくのかを探ってみようといった、科学的なアプローチを取りたいと考えるはずだ」(Villanueva氏)

 詰まるところHelloFreshが目指しているのは、顧客自身が調理できるような興味深い新レシピの提供であり、それにはビッグデータが大きな役割を果たすというのが同社の見方だ。

 「われわれは実際のところ、人々がこれまで自力で考え出せなかったような食材の組み合わせを提示できるため、料理と食材の組み合わせの相性について、可能性を押し広げることができる」(Villanueva氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算