Equifaxの情報流出、「Apache Struts」の脆弱性に起因--パッチ適用怠る?

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年09月15日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Equifaxは、1億4300万人の消費者が影響を受けたとされる同社の情報流出が、数カ月前から情報が公開されていた、Apache Strutsの脆弱性を修正しなかったことが原因で発生したことを認めた。

 米国の大手消費者信用情報会社であるEquifaxは、発表した声明で「Equifaxは、どの情報がアクセスされ、誰が影響を受けたかを明確にするため、有力な独立サイバーセキュリティ企業の支援を受けて侵入の影響範囲を調査している」と述べている。

 同社は声明の中で、「犯人は、米国のウェブサイトに存在したアプリケーションの脆弱性を悪用したことが判明している」と付け加えている。

 「悪用されたのはApache Strutsの脆弱性(CVE-2017-5638)だ。当社は引き続き犯罪捜査の一環として法執行機関と協力して調査を進めており、侵入の痕跡に関する情報を法執行機関と共有している」(Equifaxの声明)

 ただしEquifaxは依然として、声明の内容を裏付ける情報を明らかにしていない。

 Apache Strutsの脆弱性については、2017年3月から一般に情報が公開されていた。問題を修正するパッチも当時から公開されており、Equifaxはセキュリティアップデートを適用していなかったと見られる。

 Apache Strutsは、Javaを使ったウェブアプリケーションの多くで、フロントエンドとバックエンドの両方で使用されており、Fortune 100企業でも頻繁に採用されている。

 同社はインシデント対応にあたって、FireEyeの子会社であるMandiantの支援を受けているとされている。

 Equifaxは本件について、これまで特定の質問に回答しておらず、問い合わせの要請に応じていない。

Equifaxの情報流出
提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算