富士通、マルウェア検知のAI技術を開発--深層学習などを活用

ZDNet Japan Staff 2017年09月19日 17時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は9月19日、企業などの組織のネットワークに侵入するマルウェアの検知を高精度化する人工知能(AI)技術を開発したと発表した。まず2017年度中にサイバーセキュリティ以外の分野で製品化を目指し、2018年度からサイバー攻撃対策としての実証を同社内で進める。

 新技術は、富士通研が開発したグラフ構造のデータを学習、分類する「Deep Tensor」技術をベースに、時系列の特徴を学習できるように拡張した。

 Deep Tensorでは、グラフ構造のデータから「テンソル」と呼ばれる数学表現への変換方法の学習と、ディープラーニングの学習を同時に行い、グラフ構造のデータを高い精度で学習するという。新技術では、テンソル表現を複数用意し、異なる時間などに記録されたログ上の特徴を学習。さらにテンソル表現間の関係もディープラーニングで学習することで、時系列ログデータの中の関係性の高い特徴群を抽出し、マルウェアの判別が可能になるという。

富士通研究所が開発した技術のイメージ(出典:富士通研究所)''
富士通研究所が開発した技術のイメージ(出典:富士通研究所)

 同社は、情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会の「MWS2017」が提供している研究用データセットで日常業務のネットワーク通信とマルウェア攻撃を判別する試験を実施。その結果、マシンラーニング技術の「Support Vector Machine」を用いたケースでは検知精度が76%だったのに対し、新技術では93%に向上することを確認した。

 同社では併せて、テンソル表現の増加にも対応する高速化技術や並列分散処理化技術も開発し、数十のテンソル表現を用いた場合でも、1つのテンソル表現を学習する時間で処理できるようにした。

 今後は、富士通のAI基盤「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」の技術として2017年度中に製品化し、人間の行動履歴を用いたマーケティング分野などでの適用を計画。サイバーセキュリティ分野向けには、同社がこれまでに開発したサイバー攻撃分析技術と組み合わせた実証を2018年度から進めていくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算