編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
PDF Report at ZDNet

「VMware on AWS」の衝撃

PDF Report@ZDNet

2017-09-19 18:34

 VMwareは2016年、Amazonとの提携という重大な決定を下し、顧客がハイブリッドクラウドにかける野望に関心を向けた。2017年は、パブリッククラウド分野におけるAmazonの最大のライバルであるMicrosoft、Google との新たな提携を発表している。

 この中で、VMwareの環境をAWSに移行できるようにする「VMware on AWS」の影響力は非常に大きいと言われている。多くの企業がVMwareの仮想サーバ環境をオンプレミスで稼働させているという実情がある。

 一方で、AWSのユーザーの期待の多くはまだまだサーバの代替、すなわちIaaSがメインと考えられていた。つまり、オンプレミスで既に稼働しているようなミッションクリティカルなシステムは、AWS上には載りにくいという考え方が一般的だった。

 そこに来てのVMware on AWSである。これにより、オンプレミスで稼働するVMwareベースのシステムを、VMwareの移行機能であるVMotionなどにより、あえて言えば「あっさりと」、ベアメタル環境としてのAWSのクラウド上に移行できてしまう。こうなると、AWSのデータセンターとしての価格競争力、可用性といった強みが、ポストオンプレミスの土俵上にも繰り広げられることになってくる。

 その影響は、他のクラウドサービスプロバイダーにとどまらず、サーバベンダーやシステムインテグレーターなど広く及ぶことになる。この課題の行方を占う記事を集めた。

AIがもたらす労働力の変革

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]