日立、データ活用やIoTを推進する新会社「Hitachi Vantara」を米国で設立

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年09月20日 13時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は9月19日、デジタル変革分野での需要獲得を目的に、ビッグデータやテクノロジインフラに注力する新会社を設立したと発表した。データ主導のソリューションやサービスを提供するとともに、拡大しつつあるIoTの市場機会も狙っていくという。

 Hitachi Vantaraという名称のこの新会社は、以下の組織を統合したものだ。

  • Hitachi Data Systems(HDS)
  • Hitachi Insight Group
  • Pentaho

 HDSのインフラソリューションマーケティング担当バイスプレジデントであるBob Madaio氏は米ZDNetに対して、「サイロ化され、力を合わせにくい状態で類似の取り組みに注力していた複数の企業をまとめることで、この新会社に力を与えようとしている」と述べ、新会社は設立時点で40億ドルの売上高を誇るとともに、大きなインストールベースを有し、およそ7000人の従業員を抱えることになると続けている。

Hitachi Vantaraの製品ラインアップの1つとなるIoTプラットフォーム「Lumada」の解説図
Hitachi Vantaraの製品ラインアップの1つとなるIoTプラットフォーム「Lumada」

 Hitachi Vantaraの目標は、情報/運用テクノロジを手がけるとともにデジタル変革に向けてまい進していくというものだ。日立は金融業界や政府関連、製造業界、運輸業界、公共事業といった幅広い垂直業界における老舗企業。これらの業界はすべて、パブリッククラウドやプライベートクラウドだけでなく、アナリティクスやIoTが適用できる市場だ。

 Madaio氏は「日立と顧客が変革を成し遂げるうえでの最大の機会とは、マシンや環境上に存在するすべてのデータを理解し、変革の原動力としていくことだ」と述べ、「大量のデータが生成されるとともに、必ずしも意味のある成果をもたらさない潜在的なソリューションが生み出されることになる。われわれは、どのソリューションに焦点を絞るのかを洗い出し、選択していくうえで、自らの持つ業界の専門知識を生かしたい」と続けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算